[エリア]チャン通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

朝から大混雑!チャン通りの名店
『クイジャップMr.Joe』

朝から大混雑!チャン通りの名店『クイジャップMr.Joe』

11月3日付けの記事でチャン通りの『ヒアワン カオトムプラー』を取り上げました。

この記事で「チャン通りといえば『Mr.Joe』も有名ですよね」というコメントを頂き、ハッとしました。
いつもチャン通りを通る度に、店先に大勢の客が並んでいるのを目撃していたにも関わらず、未だ取材していなかったことを思い出したんです。

取材したい店がたくさんあるうえ、“行きたい店リスト”が日に日に増えていくもんだから、数日前に「行きたい!」と思った店であってもすぐには取材出来ず、人から教えてもらった店を優先させていると、後回しになってしまい…。

至高のムーゴップとともに味わうクイジャップ!

というわけで今回は『クイジャップMr.Joe』
この日も、私が来店したのが午前9時という時間であったのに、ほぼ満席。
ただでさえクイジャップ専門店が少ないのに、これほどの人気店も珍しい。IMG_7969IMG_7977IMG_7948クイジャップをブログで取り上げたのは、ヤワラーの『Nai-Ek Roll Noodles』ぐらいでしょう。
「クイジャップ」をご存知ない方は、この記事の中で簡単に説明しているので、そちらをご参考に。

『Mr.Joe』のクイジャップ、スープはパンチが効いていて、ご飯が進む味わいに。
他テーブルを見渡すと、ほとんどの方がご飯を片手にクイジャップを味わっています。IMG_7942IMG_7945
さらに『Mr.Joe』のクイジャップを高めているのは、ムーゴップ。
揚げた豚肉で、これだけを別皿でオーダーしている客も少なくありません。
カリカリに揚がった豚肉は、豚の旨みをギュッと閉じ込め、一口頬張ると「カリ!」「ジューシー!」が楽しめるわけです。IMG_7954厨房内でお店を取り仕切っている女性に話しを聞きました。

「ウチは創業して30年以上が経っていますよ」

次から次へとオーダーが入り忙しい中、額から汗を流しながらも見せてくれた笑顔が印象的な女性です。
お写真で見せられないのが残念!
店内にはタイ語表記のメニュー敷かないですが、スタッフにいえば英語メニューを見ることが出来ます。IMG_7958IMG_7959席に着いて食べる客も多いですが、それにも増して持ち帰りが多い!
怒濤のようにオーダーをこなしていくスタッフの動きがテキパキしていて、見惚れるほど。
とにかくスープの旨さは特筆もので、ご飯をがっつり食べられるでしょう!IMG_7951IMG_7981

【SHOP DATA】
「Kuai Chap Mr.Joe(ก๋วยจั๊บมิสเตอร์โจ)」
TEL:02-213-3007
OPEN:8:00-16:30(無休)
ADDRESS:171/1 Thanon Chan, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120
PRICE:クイジャップ50B、ムーゴップ55B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今日お昼に行って来ました^^
    13時でしたがお客さんも多く、お店も結構奥まで席がありましたが、埋まってました^^;
    スープはしつこくなく、モツも良く煮込まれてて柔らかく美味しかったです。
    特に呑んだ後には最高のスープだと思います!
    (呑みの話でスミマセン)

    • By 激旨!タイ食堂

      チャン通りまで行きましたか!
      ひさしぶりに食べたくなってきました〜。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top