BTSヴィクトリーモニュメント駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

クイッティアオ20杯食べてペプシコーラをゲットせよ!

クイッティアオ20杯食べてペプシコーラをゲットせよ!

戦勝記念塔の近くに、かなり評判の高いバミー屋があると知り、いてもたってもいられず朝から現場近くへと訪れました。
そして到着したのは午前10時。
店は開いている様子ではあるものの客は1人もおらず、テーブルの上をセッティングしたりと開店準備に忙しいよう。
表に座っていたおばちゃん(店員なのかは不明)に聞いてみました。

「もう開店してるんだよね?」

「まだだよ。11時から。閉店は14時」

営業時間がたった3時間とは!
麺が早々に売り切れてしまいそれ以上営業できないのだろうか。
私の興味はぐいぐいと引かれていくのですが、いかんせん開店まで1時間もある。
その後の予定を考えると、1時間は待てないので断念…。

平らげたクイッティアオ ルアは何皿か…

戦勝記念塔まで来たのだから、照準をクイッティアオ ルアに変更しました。
来店したのは界わいでもっとも人気がある1店と言われている『クイッティアオ ルア パヤック』。
このブログで今まで取り上げたクイッティアオ ルアの店『ルアトン』『プラナコーン』も人気ですが、創業40年という『パヤック』も老舗ということもあり根強い支持があるのでしょう。

IMG_7268IMG_7266IMG_7260IMG_7265IMG_7271
一皿の値段は他店と同じ12バーツ。
前回は4皿とおとなしくフィニッシュしたので、今回はがつがついってやろうと2皿とルークチンも注文。
ナムトック センミーと汁無しのバミーです。IMG_7240IMG_7242IMG_7244
この程度は朝飯前。
続いてはイエンタフォー センレック&トムヤム センレック。

IMG_7246
イエンタフォーにトッピングされたムーデーンは抜群。
トムヤムはクリアスープで、酸味はあるものの辛さはなく、オーダーした中ではもっともお気に入り。
ということで、トムヤムをもう一皿食らうべく、次はバミー麺で注文。
さらには調子に乗ってギアウ(ワンタンの揚げ物)までオーダーしたところ、すすっと忍び寄ってきたのは胃袋の限界でした。

IMG_7248IMG_7250
ということで今回はクイッティアオ5杯、ルークチン一皿、ギアウ一皿という戦績。

IMG_7259
『パヤック』ではクイッティアオ ルアを20杯食べたら、ペットボトルのペプシコーラ1本が無料でゲットできるという、お得なのかよく分からない、いやお得な特典があるので挑戦してみてもいいかも。
私はゼッタイ無理ですが。

IMG_7269

【SHOP DATA】

「クイッティアオ ルア パヤック(ก๋วยเตี๋ยวเรือ ป๋ายักษ์)」

TEL:02-271-3178,089-921-3378
OPEN:9:00-21:00(無休)
ADDRESS:Road (Soi 10 th) Phayathai Road, Bangkok 10400.
PRICE:クイッティアオ ルア12B、

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【募集開始!】2/17(土) クレット島を散策してクラフトビールを飲もう!



バンコク中心部から車で30〜40分ほどで行け、のどかな雰囲気のクレット島。
バンコクの北隣ノンタブリー県に属しているクレット島は中州なので大きな面積ではありませんが、こじんまりとしていて、自転車でのサイクリングにはちょうどいいサイズです。
この島に2012年にオープンしたのがクラフトビールバー『Chit Beer』。本ツアーではクレット島を散策し、その後は『Chit Beer』でクラフトビールをいただきます!


日程:2018年2月17日(土曜日)
参加費850バーツ(大人)
※参加費にはクレット島までの往復費用と渡船代。(Chit Beerでのビール代金は含まれていません)
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top