[エリア]ペッブリー通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコクでタイスキといえば
「ルアンペット(RUEN PETCH)」!?

バンコクでタイスキといえば「ルアンペット(RUEN PETCH)」!?

タイトルをご覧になり

「いや、『MK』でしょ!?」
「『コカレストラン』以外で食ったことがない」
「ルアンペットってどこでっしゃろ?」

なんていう声が聞こえてきそうですが、あえてこのようなタイトルにしてみました。
このブログで『MK レストラン』だとか『コカレストラン』が登場することは、ほぼないでしょうから。
ヤワラーの『TEXAS スキー』は紹介するかもしれないですが。

さて、知らない方も多いかもしれない『ルアンペット』
今年で創業48年になるという老舗で、ペッブリー通りで営業しています。
IMG_8264IMG_8250IMG_8251

19時を過ぎると続々と来店者が増え、20時あたりになると1階席はほぼ満席に。
そうなるとVIPと呼ばれる2階席がオープンするようです。
タイスキは他店同様、具材をそれぞれ選ぶシステム。
私は海鮮系の具材をチョイスしたのですが、シーフードの上に茶色い物体がトッピン具!
なんだろうか、これは…。
IMG_8245IMG_8246ひき肉のようにも見えるけれど、海鮮系を注文してまさか肉がはいってくるとは思えず、鍋に入れて食べれば分かるだろうと撹拌開始。
すべて鍋へと投入しました。
スープからは中華で使用する香草の薫りが湯気とともに舞い上がり、鼻孔をくすぐります。
食べてみたところ、茶色い物体がいったい何だったのか分からずじまいでして…。

『ルアンペット』ではスキー鍋だけではなく、さまざまなタイ料理が楽しめます。
スタッフにお薦めを聞いてみました。

プーパッポンカレー

ペッ ヤーン(焼いたアヒル肉)

オースワン(牡蠣の玉子とじ炒め)

トート マングン(エビのすり身揚げ)

プリック ガイ(鶏肉の唐辛子炒め)

バミー ペッ(アヒル肉の中華麺)

壁には創業48年を祝う寄せ書きがあったので、しげしげと眺めてみたらタイ人はもとより、中国人の名前が多数。

「オーナーは中国人ですか?」

「そうですよ。いま90歳です」

高齢なだけにお店へ出て来ることはほとんどないそう。
会いたかっただけに残念。
今回来店しスタッフに話しを聞くまで知らなかったんですが、『ルアンペット』には、シーナカリン通りに支店があるそうです。

【SHOP DATA】
「ルアンペット シーナカリン支店」
TEL:02-730-9505
ADDRESS:222/174, Srinakarin Road, Tambon Bang Mueang, Amphoe Mueang Samut Prakan, Samut Prakan, 10270

続々と入店してくるお客さん。
ときおり白人客も来店し、ついに1階が満席になりました。
忙しくなってきたのでインタビューを切り上げ、表へ出たところで聞き忘れたことが1つ。

あの茶色い物体はなんだったんだ!!

IMG_8262

【SHOP DATA】
「ルアンペット(เรือนเพชรสุกี้)」
TEL:02-314-5047,02-314-4274
OPEN:11:00-22:00(無休)
ADDRESS:1903-5 New Petchburi Road (Opposite the Amari Atrium) Toei Nua, Wattana, Bangkok 10
PRICE:海鮮スキー150B、プーパッポンカリー550B、オースワン170B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 茶色のは多分タイ味噌(タオチアオ)だと思います^^
    オリジナルか市販かはわかりませんが。

    • By 激旨!タイ食堂

      味噌でしたか。
      スキー鍋にこういった味噌が乗っているのは初めてです。

  2. 固まりで出す店は少ないかもしれないですね。
    漬け込んでたり、溶かして出すところは多いですよ^^

  3. ルアンペット、先日も行きましたが昔は一階はエアコン無しの汚い店でウエイトレスは学校の制服を着ていましたね 何を食べても外しませんがプーパッポンカリーとカオスワイは必須です スープをカッパーンして雑炊にすると幸せですよ

    • By 激旨!タイ食堂

      いまでは汚い店内のころを感じさせない雰囲気ですね。
      お店で雑炊にしても良さそう!

  4. ルアンペットまだ行ったこと無いのです。次行く時は必ず行きます。
    いつも行くのはsukiyaki no1というお店です。
    今は廃墟みたいになっているギャラクシーにあります。
    割と中心地にあって美味しいのに何故か紹介されないお店です。
    一度行ってみてください。

    • By 激旨!タイ食堂

      ルアンペットは繁忙時間帯だとかなり賑わっていて、空席が少ないこともありますが、2階席もありますよ。
      ギャラクシーの中にあるスキの店は、以前から気になっていて行けずじまいでした。
      コメントを見て思い出したので、近々行ってみます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top