BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

MRTシーロム駅から徒歩5分で超大盛りパッタイに会える!「パッタイサラデーン」

MRTシーロム駅から徒歩5分で超大盛りパッタイに会える!「パッタイサラデーン」

2014年11月、シーロム通り沿いで日中に営業していた無数の屋台は、突然の立ち退き命令によって消滅しました。
歩道の半分ほども屋台が占めているため、行き交う人は体を斜めにして歩かなければならず、滞留する大勢の人々によって渋滞が生じるという、タイならではの光景が名物のようでもありました。
いまのシーロム通りは歩きやすくはなったものの、あの頃の雑然とした頃が懐かしく感じてしまいます。

シーロム通りから1本裏に平行に走っている小さな通りがあるのですが、その通りにもたくさんタイ料理の飲食店が軒を連ねています。
さすがに屋台はないですが、屋台風な店はたくさんあって、その中でも群を抜いて流行っているパッタイ屋が今回の主役。

店名はずばり「Padthai Saladang(パッタイサラデーン)」

パッタイサラデーン

『パッタイサラデーン』外観

『パッタイサラデーン』は超満席だった!

小道の奥にあり見つけづらい立地にも関わらず、12時から13時のコアタイムは待ち時間が半端ありません。
だからといって13時を過ぎて来店しても、そうやすやすと食べられるもんでもないです。
というのもここのお店、料理しているのはおばちゃんたった1人。
幾つも注文が入ったところで、一度に料理できるのは多くて数皿。

パッタイサラデーン店主

ひたすらパッタイを炒め続ける『パッタイサラデーン』の店主

2種類の麺からチョイスしパッタイをオーダー

店内が満席になるほど客が入っていたのなら、料理が提供されるまで最長30分は覚悟しておいたほうがいいでしょう。
「パッタイサラデーン」のメニューは海鮮パッタイ、エビパッタイ、ミックスパッタイなど。
そして麺が2種類選べます。
一般的なパッタイとタイ語で「ウンセン(วุ้นเส้น)と呼ばれる春雨。
せっかくなので両品食べてみることに。
まずは普通麺のパッタイ・タレー(海鮮パッタイ)の登場です。

パッタイ具材はエビやイカ、そして定番のもやしにニラ、ナッツなど。
添えられているのはこれまた定番のもやし、ニラ、バナナの葉っぱです。

ニラやバナナの葉っぱ

好みで砂糖、ナンプラーなどで味を調整します。

調味料私、このバナナの葉にはまったく手をつけません。

「添えられるのがなぜバナナの葉なのか」

という問題は深い謎です。
炒め方が上手いのか、具材の火の通り方が絶妙で素材の食感がきっちり楽しめるうえ、麺はもちもち。
いままでこの店を知らなかったことに後悔すら感じる旨さ!
しかも、ボリュームが通常のパッタイの2倍ほどあるので、食べ応え満点。
2皿注文したのは失敗か!
そしてやって来た2皿目。

パッタイウンセン

春雨を使ったパッタイウンセン

パッタイウンセン

春雨パッタイも旨い!

こちらはウンセンのパッタイで、具材はエビをチョイス。
おばちゃんが作っているところをじっと眺めていたら、茹でたエビは一緒に炒めず、出来上がった後にトッピング。
こうして、エビのぷりぷり感を残していたわけですな。
オーナー兼パッタイ料理人のプラニーカニーさん、微笑む表情からはお母さんのような優しさを感じさせてくれます。

パッタイサラデーン店主

手を休めていただき撮影いたしました

「パッタイサラデーン」がオープンしたのはおよそ5年前。
娘(?)と思わしき2人との3人でお店を切り盛りしているようです。
閉店時間は14時。
しかし閉店時間を過ぎてもきっちりお店を閉めることはなく、しばらくは開けているのでギリギリに行ったほうがゆっくり食べられるでしょう。

【SHOP DATA】
「パッタイサラデーン (ผัดไทศาลาแดง2)」
TEL:084-899-5301
OPEN:9:00-14:00(土日休み)
PRICE:パッタイ・タレー 50B

保存

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして(*^-^*)
    こちらのお店、実食してきました! 麺はセンレックではなく、細い麺でした。
    米麺の細いものかな? それとも春雨のが出てきたのかな??
    もしくは普通麺も細いのか??
    本当は平麵が好きなのですが、メニューには英語が無かったので
    細かくオーダーできなかった為、仕方ないですね。
    でもそのローカル感が好き!
    そのまま食べると私には激辛!でした。
    もやしをトッピングして、少辛 になりました。
    昼休みで、上下黒服のかたたちですぐ席が埋まっていきました~。
    食後、お店を出て左に歩き、ソムナムカンをゲットし、舌が生き返りました!
    その時は、もう次回はないかなと思いましたが、
    昨日帰国し、また行きたくなってきています。(*^^)v
    また美味しいお店の記事、楽しみにしています!

    • By 激旨!タイ食堂

      レポートありがとうございます!
      細い麺でしたら春雨かもしれませんね。
      他にもサイトを見て来店したお店があれば、ご感想をぜひぜひお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top