BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

『シーロムコンプレックス』で唯一のクイッティアオ店?

『シーロムコンプレックス』で唯一のクイッティアオ店?

今回はいままでと違い趣が変わります。
いつもなら屋台や半屋台のような店ばかりを取り上げていますが、この日訪れたのは『シーロムコンプレックス(Silom Complex)』です。
ショッピングモールの中にある店で取り上げたことがあるのは、ラップラオのユニオンモール内にある『ruai zabb tom yam kai』かな。
ちょっと曖昧ですが。
ここのクイッティアオ トムヤムも絶品なのでぜひ!

シーロムコンプレックスにあるという評判のクイッティアオ屋は『THE SIAM』。
公式HPを見るとあちこちに支店を展開しているようです。

※後日、公式HPにアクセスできなくなりました。

チェーン店のクイッティアオとはいえ、タイ人には評判のようで、軽い気持ちで来店してみました。

場所はシーロムコンプレックスの地下1階。この階は飲食店が集まっています。見渡したところクイッティアオ店は『THE SIAM』1店舗のみ。唯一のクイッティアオ店でしょう。
私が来店した平日の13時30分の時点でも満席。
待ったのは2〜3分でしたが、評判はウソではないようです。P1010144P1010139

気合い入れて来店しておらず、いつも持っているカメラではなかったため写真も気合い入ってません。
あらかじめご了承ください。

『THE SIAM』はクイッティアオだけではなく、他タイ料理も充実しています。P1010131P1010133P1010134

さて私がオーダーしたのはナムトック ムーのセンレック。
69バーツとお高めではあるものの、長時間煮込まれたであろう豚肉はほろりと崩れるほど柔らかで、スープは他では味わえない濃厚さ。
豚肉もスープが私のツボにドンピシャ!
豚肉は角煮のようで、スープはとろとろとしているほど濃厚なんです。P1010137

チェーン店とだからといって少々舐めていましたが、タイ人の舌を満足させる質を提供しているからこそ、これだけの来客数があるのだなと納得しました。

なぜか店内の撮影はNG。
このブログを始めて2度目の店内撮影NGでした(笑)

【SHOP DATA】

「THE SIAM Silom Complex(ท่าสยาม )」

TEL:02-231-3063
OPEN:10:30-21:30
ADDRESS:B1F Silom Complex Silom Road, Bangkok 10500.
PRICE:ナムトック ムー69B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top