[エリア]チャン通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

チャン通りに旨いカオトム屋が多いのはなぜだろうか…

チャン通りに旨いカオトム屋が多いのはなぜだろうか…

チャン通りに面したカオトム店『ヒアワン カオトムプラー』を取材した後、チャン通りで別のカオトム屋を見つけてしまいました。
チャン通りはジャルングルン通りとの交差点にもう1店舗『カオトム プラー ギンポー』があるので、私が認識しているだけでも3店舗。
なぜこれほどチャン通りにカオトム屋が多いのか。
まったくもって謎です。

後日、偶然見つけたカオトム屋へなにげに寄りカオトムを食べてみたら、おぉ!
ここも紹介したく、再度来店したのが『カオトム プラー スアンルン』です。

IMG_8554IMG_8558IMG_8556IMG_8561P1010147

2度目の来店となる今回はカオトムではなく、火鍋を注文。
電気コンロに上でぐつぐつと煮えたぎるスープには、白身魚、エビ、イカ、魚の胃袋など海鮮の具材が潜んでいます。
来店するタイ人の半数近くが火鍋、その他の半数がカオトムという割合であるぐらい、火鍋の需要が高いカオトム店です。IMG_8532

その火鍋の魅力とは…。
一口スープを飲んでみて分かりました。
これは旨い!
さすがカオトムの店だけあり、スープの取り方がツボを得ている。

IMG_8533IMG_8566

「スープには豚骨、魚、魚の骨などを入れて7〜8時間煮込んでいます」

話しを聞かせてくれたのは同店の店主キティさん。
驚いたことにオープンしてまだ4年しか経っていないと言います。

IMG_8568

「お爺ちゃんが1店舗目をスアンルンで始め、父親がラップラオで2店舗目、私がここで3店舗目を開店したんです」

つまり場所は変われど三代に渡り受け継がれているということ。
これだけの火鍋が提供できるのも納得です。

新しいお店だからフリーWi-Fiも有り。
店内や店先を駆け回っていたのは子猫ちゃんです。
名前はテンクワー(きゅうり)。素敵なお名前をいただいております。

IMG_8560IMG_8538

ちなみにキティさんの隣に写っている可愛い女性は娘のモさんで、現役大学生でハタチなんだとか。
私、しばらくここへ通うことになるかもしれません。

【SHOP DATA】

「カオトム プラー スアンルン(ข้าวต้มปลาสวนนรื่น)」
TEL:081-421-7992
OPEN:17:30-24:30(基本無休)
ADDRESS:264/8 location near the mouth of Soi Chan 51 Rd., Chan Watprayakai Laem, Bangkok 10120.
PRICE:カオトム50B〜、火鍋250B〜

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. チャン通りだとカオトム屋、アヌサワリーならイサーン料理屋、サラデーンだとバミー屋と何故か固まってる事が多いですね。
    ライバル店がいないところに出店した方が売上上がると思うのですが、確かに不思議です^^;

    • By 激旨!タイ食堂

      確かに不思議です。
      同じ場所に同じ飲食店ジャンルがあることにより、それを求めてくる人を狙いやすいのかもしれませんね。
      「クイッティアオ・ルアを食べたければアヌサワリー」
      という消費者マインドを利用しているようにも思います。

  2. 間違えました^^;
    アヌサワリーならクイッティアオルア屋、ラチャティウィーならイサーン料理屋です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top