[エリア]ウドムスック通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ガイトート(鶏のから揚げ)をウリにする店をようやく見つけた!『ソムタム ガイトーMTB』

ガイトート(鶏のから揚げ)をウリにする店をようやく見つけた!『ソムタム ガイトーMTB』

私は幼い頃から好きなモノの1つが「から揚げ」。
いまでも好物で、日本で働いていたころは油断すると「から揚げ定食」ばかりをオーダーしてしまうため、意識して違う定食を食べていたもんです。

タイにもトリカラはあり、「ガイトー(ไก่ทอด)」と呼ばれています。
サイトやブログによっては「ガイトート」と表記されていることもありますが、ここでは「ガイトー」で統一します。

ガイトーが好きなもんだから、このブログにもガイヤーンと合わせて「ガイトー」枠を設立。
どんどんガイトーの店を紹介していくぞ!と当初は意気込んでいたのですが、取材を始めると意外や意外、評判になるようなガイトーの店がない。
街角にはあれほどガイトーの屋台があるというのに…。

いままでここで取り上げたのは超有名店
『Polo Fried Chicken』
ハジャイの
『「KAI TOD DAYCHA』

パタヤの屋台
『ガイトーハジャイ』

のたった3店。
バンコクだけに絞るとたった1店舗だけです。

毎日更新するためにアンテナを張ってるんだけどなぁ。
ってことで、「評判のガイトー店」をご存知の方がおられましたら、ぜひ情報をください!
gekiuma.bkk@gmail.com

ながながとガイトーの話しをしましたが、ようやく見つけたんです!
バンコクで2店舗目となるガイトーをウリにした店が!
ウドムスックまで行ってきましたよ。
店名もずばり
『ソムタム ガイトーMTB』
店名に入ってますから!ガイトー!

IMG_9756IMG_9758IMG_9753

場所はウドムスック通りのソイ49付近。
BTSウドムスック駅を降り、ウドムスック通りをバイタクで5分ほど走った場所です。

オーダーするのはもちろん、ソムタムとガイトー。
そしてガイトーといえばカオニャオ(もち米のご飯)です。

IMG_9746IMG_9744

ソムタムは濃い味付けながらしっかりとしたシャキシャキ感が印象的です。
そしてガイトー。
一般的なガイトーは衣を付ける店が多いですが、ここは素揚げ。
まったく脂っぽくなく、カラっと仕上がっていて、幾らでも食べられそうなヤバさ。
ガイトーが進むからカオニャオも進むという相乗効果により、瞬く間に食べ尽くしてしまいました。
もっと食いたい…。
しかしこの後、違う店に行かなければならないので、胃袋を満タンにするわけにいかずストップ。

「開店して13年よ。オーナー? 私じゃなくて姉がオーナーなの。私はその妹ね」

IMG_9761

不在の店主に変わり話しを聞かせてくれたのはイーさん。
『ソムタム ガイトーMTB』の特長は旨いだけではなく、価格にもあります。

「ウチは値段が安いのもウリなの。ソムタムが30B、ガイトー50B、トムセープ50B、パッタイ40B。パッタイは40バーツでエビなども入ってるのよ」

この価格でイサーン料理を楽しむには、バンコク中心部だと難しいでしょう。
一般的な値段より20%〜30%は安いんじゃないでしょうか。ちなみにメニューには英語表記も併記されています。

IMG_9763

IMG_9762IMG_9764IMG_9765IMG_9766IMG_9767IMG_9768IMG_9769IMG_9770

ようやく見つけたガイトーの店。
ここは店名に冠しているようにソムタムもウリなので、どういうスタッフが作っているのか気になるところです。
『ソムタム ガイトーMTB』でソムタムを作っているのはこの子!

IMG_9772

名前はウィヤちゃん。
ここで5年もソムタムを作り続けているそうです。
私は彼女を
“ウドムスックの天使(エンジェル)”
に認定しました!

【SHOP DATA】

「ソムタム ガイトーMTB(ส้มตำไก่ทอด MTB)」
TEL:02-361-2337
OPEN:8:00-20:00(第2・第4水曜日休み)
ADDRESS:765 / 3-5 Soi Sukhumvit 103 (Suk 49), Sukhumvit Road, Phra Khanong, Bangkok, 10260
PRICE:ガイトー50B、ソムタム30B、トムセープ50B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 在住10年目

    この記事を読んでこちらのお店行ってきました。
    とても安く、二人で300Bもしませんでした。激旨さんは2〜3割安と書かれていますが、スクンビット近辺のタイ料理屋、例えばエカマイのサバーイジャイなんかも手頃で美味しいですが最近値上げしたので、そこと比べても半値くらいの感覚です。味もいいと思います。しかし辛い!!久しぶりに火を吹きました。

    値段の安さや味は気に入ったので、場所がもう少し行き易い場所だったら頻繁に通ういそうです。

    私が行った時はオーナーさんと思われる方がいました。
    優しそうなおばあちゃんで主にお会計を担当してるみたいでした。^^

    • By 激旨!タイ食堂

      場所が場所だけに「この店に行く人がいるかなぁ」と思っていたので、記事をご覧頂き来店してくださった方がいたとは驚きました!
      紹介しておいてなんですが(笑)

      コスパが高いのでもうちょっとスクンビット通り側に立地していれば、通いたくなる店ですよね。
      私もそう思いました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top