[バンコク以外]ハジャイ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

行列ができるハジャイのガイトート店「KAI TOD DAYCHA」

行列ができるハジャイのガイトート店「KAI TOD DAYCHA」

「ハジャイ」と表記する場合もあれば「ハートヤイ」という表記もある街。
タイ語で発音すれば「ハートヤイ」が近いのだけれど、本ブログでは「ハジャイ」の表記で統一します。
さて、ハジャイといえばタイ南部で最大の街。
マレーシアの影響を受けているため、頭にヒジャブという布を巻いているイスラム教徒(モスリム)の女性を多く見かけます。

ハジャイ1

路上で果物を売るムスリムの女性

 

[スポンサーリンク]

ハジャイでもっとも人気のガイトー!?

ハジャイを含むタイ深南部ではときおり、イスラム反政府勢力の分離独立運動によってテロが勃発。
2014年5月にはセブンイレブンやハジャイ警察署の隣がテロの標的になり、爆破されるという事件がありました。
たまり危険が舞い降りるハジャイ。
とはいえ常にテロが起きているわけではなく、日常は平穏そのものです。
そんな危険な薫りが漂う街に、行列が出来るガイトートの店があるんです。
ハジャイ中心部に立地する「KAI TOD DAYCHA(ไก่ทอดเดชา)」。

KAI TOD DAYCHA

ハジャイの人気ガイトートの店『KAI TOD DAYCHA』

混雑しているとヒジャブを巻いた女性たちがどどっと押し寄せて、客席を占めます。

KAI TOD DAYCHA店内

『KAI TOD DAYCHA』の店内はムスリム女性だらけ!

ハジャイのガイトートは一般的なガイトーとは違い、揚げニンニクが乗せられている場合が多いです。
しかしこちらのガイトートには揚げニンニクはなし。
とはいえガイトートからは香ばしいニンニクの薫りが立ちこめて食欲を刺激してくれます。

ガイトート

ハジャイはガイトートが旨い店が多いんです

揚げる際にニンニクも揚げているのでしょう。
テレビや雑誌の取材も多く、わざわざ遠方からこの店にガイトートを買いに来る方もいると言います。
私は根っからの「から揚げ」フリークで、日本で生活しているときは「から揚げ定食」をチョイスする率が半端ありませんでした。
そんな私だけに、タイ料理の中でもガイトートは特別な存在といって過言なし!
ただ「KAI TOD DAYCHA」のガイトートは旨いことは旨いのですが、パサパサ感がしたのが残念な点。
もうちょいジューシーでお願いします。
ガイトートの他、ゲーンソムもいただきました。

ゲーンソム

南部へ来たら食べておきたいタイカレーのゲーンソム

これは旨かった!
辛かった!
額だけにとどまらず、あちこちから吹き出る汗を拭い完食しました。
ヒジャブを巻いた客が多いだけではなく、店員もヒジャブを巻いた女性が多いのも特徴。
誰が店員で誰が客なのか、途中から分からなくなってしまうことも…。
店員は統一して赤いヒジャブを巻くなど差別化をはかってくれないものだろうか。

スタッフ

店員もヒジャブをかぶったムスリムでした

「KAI TOD DAYCHA」は中心部の他、ここから車で10分ほどの場所に支店が1店舗あります。

【SHOP DATA】
「KAI TOD DAYCHA(ไก่ทอดเดชา)」
TEL:081-098-3751
OPEN:11:00-22:00

[スポンサーリンク]

保存

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top