BTSトンロー駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

BTSトンロー駅から至近の超有名パッタイ店「ホイトートチャウレー」

BTSトンロー駅から至近の超有名パッタイ店「ホイトートチャウレー」

私は特に用事がない限りトンローへ行くことはなく、まぁそれを言ってしまえば他エリアもそうなんだけど、このブログの取材でもトンローへ行くことはほとんどありません。
ローカルタイ料理で評判の店が少ない、ということもあります。

トンローでもっとも有名なパッタイ屋!?

トンローというエリアに興味がない、そう言ってしまったほうが的確なのかもしれません。
そんな私がトンローへ訪れたのは、パッタイの超有名店を取材するためです。
来店したのは「Hoi-Tod Chaw-Lae(ホイトーチャウレー)」

IMG_0057
IMG_0055タイへ移住したばかりのころ、この店へ連れていってもらい、初めてパッタイを食べた衝撃はいまだ色褪せることなく私の記憶に刻まれています。
そんな記憶に揺さぶられるかのように、4年ぶりに来店しました。

[スポンサーリンク]

大きなエビが乗ったパッタイ登場

店の雰囲気はほとんど変わっていないでしょう。
店頭で調理し、通りを歩く人々が眺められるようになっています。

IMG_0033
IMG_0051
IMG_0060「ホイトーチャウレー」にはパッタイとオースワン(牡蠣の卵とじ炒め)がメニューに並んでいます。
どうせならと両品をオーダー。IMG_0013
IMG_0019パッタイは大きなエビが乗っかった「パッタイ グンソッ」です。
ここのパッタイはすべてふんわり卵で包まれているのがポイント。IMG_0017

大きなエビは美味しいけど…

通常のパッタイ屋だと卵包みを注文する場合「パッタイ ホーカイ」と伝えなければならないところ、その必要なく標準装備されているのです。
4年前の記憶通りの味なのか。
一口食べてびっくり。
普通のパッタイだった。
どうしたことなのかと、2口、3口と食べ進めてみるものの、4年前の衝撃は微々とも姿を表すことはありません。
食べ進みながら考えたところ、この4年間で色んな旨いパッタイを食べまくった結果、舌が肥えてしまい「ホイトーチャウレー」のパッタイでは満足できなくなってしまったのかもしれません。
それにしても、ほんと普通のパッタイ。
ただ「ホイトーチャウレー」はトンロー駅から近くに立地していることで、気軽にパッタイを楽しませてくれることは、素晴らしい存在です。
もっと旨いパッタイはバンコクに幾らでもあります。
ところがアクセスにやや難があるなど、タイ初心者や移住したばかりの人にとっては気軽に行ける場所に立地している店が少ないのは事実。もっと探せばあるのかもしれませんが…。

新メニュー「フライドチキンパッタイ」!

店内をあちこち撮影させてもらっていると、張り紙でスペシャルメニューを発見。
「フライドチキン パッタイ」IMG_0043これは他の店では見たことがない新商品!
値段が書いていなかったので訊くと110バーツだそうです。
私が食べれば胃もたれ必至。
帰り際、お店の名刺をもらおうと従業員に伝えたところ、名刺はなくDVDならあると。
わざわざDVDを作って名刺代わりに渡しているとは、さすが人気店。
家に帰ってさっそく観賞してみようとPCに挿入してみました。IMG_0065

もらったDVDのエンディングは……

総再生時間は約1時間40分!
ながっ!
パッタイ屋が作ったDVDに、いったい1時間以上も費やして何を伝えたいのか。
ますます興味をひかります。
再生すると、まずは写真を使ってのお店紹介。
続いてはオーナーさんがテレビ出演したときの映像が流れてきます。
そして迎えた22分 48秒。
ここでどうやらDVDに問題があるようで、1秒たりとも進まなくなってしまいTHE END。
続きが気になって寝れないっす!

【SHOP DATA】
ホイトーチャウレー(หอยทอดชาวเล)
TEL:085-128-3996,089-448-6289
OPEN:8:00-22:00(無休)
ADDRESS:Sukhumvit 55 (Soi Thonglor about 100 meters on the left), Nua, Wattana, Bangkok 10110.
PRICE:パッタイ グンソッ 80-100B  オースワン 120B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top