[エリア]ヤワラー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【ヤワラー】創業70年以上 食べ放題じゃないムーガタはいかがですか?

【ヤワラー】創業70年以上 食べ放題じゃないムーガタはいかがですか?

私はムーガタが好きでバンコクの数店舗へ行ったことがあります。
150〜200バーツ程度で時間無制限で食べ放題、という響きはとっても魅力的で、だからといって20代のときのようにガツガツ食えるわけではないんですが、惹かれるタイ料理です。

ムーガタ=食べ放題、的なイメージがあるんですが、実はそうではなく食べ放題じゃないムーガタも少ないながらもバンコクには数店点在しています。
私がもっともお気に入りの食べ放題ではないムーガタ屋はチャン通りにあるんですが、この店は後日紹介するとして、今回はその店に匹敵する店を取り上げます。
ヤワラーの『Aiem Pochana』です。

『Aiem Pochana』への行き方

ヤワラーですので最寄駅はMRTフアランポーン駅ですが、徒歩だと20分ほどはかかってしまうでしょう。
「それでも徒歩で行きたい!」
という方にご説明いたしますと、MRTフアランポーン駅から西へ行き、川を渡りジュライロータリーを目指し北上します。
ジュライロータリーからもさらに北上して、右折してすぐのところに『Aiem Pochana』があります。
Googleマップ上では「徒歩13分」と表示されていますが、実際は15~20分はかかると思います。

Aiempochana外観

『Aiempochana』の外観。表にもテーブル席が出ています

こちらのムーガタは食べ放題じゃなく、ワンセット220バーツ。
私がオーダーしたのは肉やイカなどがミックスされたものですが、他にも海鮮だけのものや豚肉だけ、といったように選べます。

Aiem Pochanaのムーガタ鍋

『Aiem Pochana』のムーガタセットです

ムーガタ鍋

周辺のスープで野菜類を煮込み、中央部で肉を焼きます

ムーガタ鍋2

炭火ではなく小型ガスボンベを設置

『Aiem Pochana』にはモーファイ鍋もあった!

私のようにおっさんでさほど食べられなくなった者には、ビールも飲むしこの程度で十分なんですね、実は。
とはいっても2人以上で行くとこれでは足らないので、私が薦めたいのはモーファイ(火鍋)。

モーファイ1

モーファイ鍋もあります

モーファイ2

モーファイ鍋には各種肉類をチョイス

モーファイ3

1人だとちょっと多い……

モーファイといえばラマ4通りにあるHeng Chun Seng(ヘンチュンセン)」を取り上げたことがありますが、ここよりもダシはあっさりとしています。
絶妙な味わいであっさり仕立て。
あれよあれよという間に食べ尽くしてしまいます。
食べている隣でミキサーを唸らせている人がいるので見てみると、店主自らがチム(付けダレ)を制作中でした。
これほどの量を一度に作らなければならないほど消費量が多いということなんでしょう。

Aiem Pochana店主

ナムチム(付けダレ)を仕込む『Aiem Pochana』の店主

ナムチム

ナムチムは一度に大量に仕込むようです

店主は寡黙な方で口数はあまり多くありません。
創業70年以上続いているお店だそうです。

『Aiem Pochana』店主2

代々受け継がれた『Aiem Pochana』を守る店主

Aiem Pochana店頭

『Aiem Pochana』の店頭には野菜などの具材が並んでいます

『Aiem Pochana』店頭

他にもタイ料理メニューはあるので、鍋とタイ料理を突きたいのであればお薦めです。
MRTフアランポーン駅から歩くと15分ぐらいはかかるんじゃないでしょうか。
最後に、お店の女の子3人衆です。

『Aiem Pochana』スタッフ

笑顔で撮影に応じてくれた『Aiem Pochana』のスタッフたち

【SHOP DATA】
「Aiem Pochana(เอี่ยมโภชนา)」
TEL:02-889-9851,089-126-8593
OPEN:17:00-03:00(第4週の火・木休み)
ADDRESS:215 / 2-3 road sq Jitt not conquered, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100.
PRICE:ムーガタ220B、モーファイ250B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top