MRTフアランポーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【国鉄フアランポーン駅から10分】
創業42年のカオマンガイ屋は昼過ぎには閉店!

【国鉄フアランポーン駅から10分】創業42年のカオマンガイ屋は昼過ぎには閉店!

国鉄フアランポーン駅といえば、列車旅好きな人がバンコクから各地方へ向けて旅立つ駅。
ここから乗車し長時間かけて列車の旅を満喫している話を聞くと、楽しそうだなとしみじみ感じます。
そう、私はいまだフアランポーン駅から国鉄に乗車したことがない、フアランポーン未経験者なんです。
缶ビールを片手に、スルメを片手に、列車に揺られながらビールを飲み何も考えずに旅をしたならば、二度とバンコクに戻って来られないような気がして、いまだ未経験なのかもしれません…。
バンコクの国鉄発着駅の代表格だけあり、あらゆる国の観光客が利用しているようです。

来店するのは国際色豊かな顔ぶれのカオマンガイ屋

今回紹介するカオマンガイ屋「ジェグメン(Jeg Meng)」のオーナーであるマリーさんは、来店する中には台湾、シンガポール、マレーシア、中国といった周辺諸国から来タイしている観光客も多いと言います。

ジェグメン店主

オーナー自ら腕をふるうときも

「フアランポーン駅が近いからだと思うわよ」

店主のマリーさんは外国人客が多い理由をそう話してくれました。
カオマンガイ用の鶏は一日10羽を仕入れているのだとか。

カオマンガイ用の鶏

ジェグメンのスタッフ

慣れた手つきで鶏をさばいていきます

注文したのは2皿、2種類のカオマンガイ

「ジェグメン」ではカオマンガイとカオマンガイ パソム(ミックス)をいただきました。

カオマンガイパソム

まずは揚げた鶏肉とのミックス、カオマンガイパソム

カオマンガイ

続いてはカオマンガイ!

通常ならばあり得ない組み合わせですよね。
実は最初にカオマンガイ パソムを食べ、あまりにも旨かったのと、えらく腹が減っていたのでもう一皿を追加注文したというわけです…。
あまりにも鶏がぷりっぷり過ぎて刮目したほど。
チムは甘めなので、辛いチムが苦手な方でもガバガバ付けちゃえます。

各種スープやアヒル肉もあります

カオマンガイの他、5種類のスープも楽しめます。
苦瓜が入ったスープや、鶏スープなどなど。

スープ各種

カオマンガイと共に召し上がっていただきたいスープ各種

さらにクイッティアオの厨房もあり、アヒルのクイッティアオを提供しています。

アヒル肉

アヒル肉と鶏肉の合わせ盛りもできるかも!?

オーナーのマリーさんは当初、レジに座ってお会計だけを担当していましたが、途中から表へ出て自身で鶏をさばくなど包丁を握って奮闘。

ジェグメン店主

自ら包丁を握り、野菜をさばいていきます

創業42年を迎えた老舗カオマンガイ屋は、彼女の溢れんばかりのパワーがたくさんのお客さんを引き寄せているのでしょう。

ジェグメン外観

『ジェグメン』への行き方

MRTフアランポーン駅が最寄りですが、徒歩ですと10~15分ほどかかります。
Googleマップが示す最短距離は以下マップをご参照ください。

ちょっと分かりづらい道のりですので、可能ならバイクタクシーを使うのが無難でしょう。

【SHOP DATA】
「ジェグメン(ข้าวมันไก่เจ็กเม้ง)」
TEL:081-711-6161,02-611-9611
OPEN:6:00-14:00(無休)
ADDRESS:108/1 (commercial building opposite School. Colors child maintenance. Road Jarasmuang) Pathumwan, Pathumwan, Bangkok 10330.
PRICE:カオマンガイ40B、クイッティアオ40B、スープ30B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top