BTSサパーンタクシン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

BTSサパーンタクシン駅 100年以上守っている老舗の味「プラチャーク」

BTSサパーンタクシン駅 100年以上守っている老舗の味「プラチャーク」

もう2年ほど前あたりから言われているBTSサパーンタクシン駅の取り壊し問題。
この駅の前だけ単線になってしまい列車に待ち時間が生じるために渋滞が起こるため、駅ごとなくしてしまおうという計画です。
なぜ単線にしたのか、ここからまず理解できないわけですが…。
1年前にはとっくに取り壊されているはずだったにも関わらず、いまでも元気に、駅前の線路は単線のまま運行されています。
サパーンタクシン駅が生きていることにより、この店へスムーズに通えるのは嬉しいこと。

[スポンサーリンク]

バミー(中華麺)とカオナーペッの2品で迷う

創業1909年「Prachak Restaurant(ประจักษ์เป็ดย่าง)」です。

IMG_5679

こんがりとしたアヒルが吊られているのが目印。
この店はローストダックをウリとしているのです。

IMG_5676

創業して100年以上も愛されている味。
さすがひっきりなしに客が入って来て、ピンク色の制服を来た店員は常にせわしなく動きまわっています。

IMG_5669

カオナーペットとバミーのどちらを選ぶか!?

「Prachak」はアヒル肉のせご飯とバミー(中華麺)が人気を二分するメニューです。
さんざん迷った挙げ句、今回は「エビワンタン&アヒルのバミー(バミーギアオペット)」をチョイス。
ここのアヒル肉は、噛むほどに旨味が口の中に広がり、これだけでもガツガツ食べたくなるほど。
ワンタンは無論自家製で、プリプリの食感は私を即KO。

IMG_5665

IMG_5667

来店したときには、1人来て数品注文し黙々と食べている客を目撃いたしました。
熱烈な「Prachak」ファンなのでしょう。
私も次の取材がなければ、アヒル肉のせご飯(カオナーペッ)を間違いなく食べていたはず。
食べる取材ってこれが辛いなぁ…。
店内に掲げられている数々の記事は、「Prachak」の知名度を物語っています。

IMG_5671

IMG_5672

ちなみに、あまり知られていないですがラマ3世通りで娘さんが支店を出店しているのだとか。

【SHOP DATA】
「Prachak Restaurant(ประจักษ์เป็ดย่าง)」
TEL:02-234-3755,02-235-6324,083-910-1444
OPEN:8:00-20:30
PRICE:バミーギアオペット 80B

保存

保存

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして。ただいま初バンコク満喫中です。
    今回の旅の目的の1つがこちらのブログで紹介されてるお店巡り☆
    昨日はクイッティアオルアメートンリー、今日はPrachakRestaurant。
    期待通りの美味しさでした!
    悪魔のガイトー、HengChunSengも行く予定です。
    ありがとう。激旨!タイ食堂。

    • By 激旨!タイ食堂

      コメントありがとうございます。
      初バンコクでこのブログに載っている店を巡っているとはアグレッシブ!
      巡ったお店の感想などまた聞かせてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top