MRTフアランポーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

これは昭和の薫り!MRTフアランポーン駅から徒歩で行ける渋いタイ中華店「ルアンマイ」

これは昭和の薫り!MRTフアランポーン駅から徒歩で行ける渋いタイ中華店「ルアンマイ」

8月29日、BTSチョンノンシー駅至近に開業した超高層ビル「マハナコン」。
高さ314メートルは、これまでタイ国内でもっとも高い「バイヨーク2タワー」を10メートル超え、タイ最高層ビルとなりました。

マハナコン

開業日である8月29日に撮影

本題はマハナコンとは関係ないのに、なぜマハナコンを取り上げたかといいいますと、同名の通りにぽつねんと佇む『ルアンマイ』があるからです。

ルアンマイへの行き方

マハナコン通り(Maha Nakon Rd)は、MRTフアランポーン駅からラマ4世通りを西に向かい、南に伸びている通りです。
街灯も少なく、薄暗いマハナコン通りを南へ500メートルほど下ると、ひっそりと営業している『ルアンマイ』が右手に見えてきます。
フアランポーン駅から徒歩だと15分ほどでしょう。
タクシーで向かうなら、以下の案内板の直下に立地しているので、写真を見せれば分かると思います。

img_0372

『ルアンマイ』の扉を開けてまず驚いたのが、そこかしこから薫る懐かしい雰囲気。
これ、昭和ですやん!
オイルショック直後に出生したど真ん中の昭和世代といたしましては、ぎゅっと凝縮した昭和感に心が躍るわけです!

img_0368 img_0366 img_0314

『ルアンマイ』のメニュー一挙大公開!

決して広いとはいえない円卓が並ぶ店内。
私は片隅に席を取り、渡されたメニューに目を通しました。
すべて写真付きで掲載されている料理はどれもこれも旨そうっす…。
かなり品数が多いのですが、全ページを撮影したので掲載しておきましょう!

img_0328 img_0356 img_0355 img_0354 img_0353 img_0352 img_0351 img_0350 img_0349 img_0348 img_0346 img_0345 img_0344 img_0343 img_0342 img_0341 img_0340 img_0339 img_0338 img_0337 img_0336 img_0335 img_0334 img_0331 img_0330 img_0329

店主がおすすめしてくれた3品

「どれがおすすめですか?」

迷いだしたら止まらないのはO型の宿命か…。
老年の男性におすすめ品を聞くと、トップページで掲載している4品、特に最上段に載っている「ホイジョー」は推しの中の推しと言います。

ホイジョーを含め薦めてもらった計3品はこちらです。

Hoi Joh(ホイジョー)

img_0280

ホイジョーとは中国潮州系のタイ料理店で多く見られる料理で、生湯葉に蟹の身などを包んで揚げています。
他店で何度か食べたことがありますが、推すだけあってここのは旨い!
揚げ具合が抜群で湯葉はサクサク、具はほっこりしていて蟹の旨味がしっかりしている。
ハイネケンのお供としていい仕事してくれました。

MOO SICHUAN

img_0285

ピーマンやパプリカ、豚肉などの炒め物。
ほどよく胡椒が効いてピリッとした一品です。

NEUR TOON HONG TE

img_0290

煮込んだ牛肉と大根のスープです。
『ヘンチュンセン』などで見るモーファイと同じ鍋ですが味わいは異なり、あっさりとした、おでんの出汁を想起させる風味。
いまにも崩れそうな柔らかい大根、味の染みた牛肉、そして優しいスープ。
癒されるわ〜。

img_0309 img_0305

『ルアンマイ』が創業したのは25年前。
店の雰囲気からもっと古いのかと思っていただけに意外でした。
有名人もたくさん来店しているようで、壁にはたくさんの写真が飾られています。
お店のご主人はティックさん。
60代ぐらい見えたのですが、実際は73歳だそうです。

ルアンマイ店主

ヘアスタイルといい服装といい、身なりに気を使っています

店内を撮影しているとき、まかないを食べていたんですが、食べっぷりは73歳とは思えない勢いの良さ!
召し物やヘアスタイルも決まっていてダンディです。
感服いたしました。

ご両親が中国から渡ってきた華僑で、壁にある『木座屋』は中国語での店名だそうです。

ルアンマイ店内

中国名は『木座屋』

店主のお兄さん

白髪の男性は店主のお兄さんだそうです

ルアンマイ

取材を受けた記事

華僑系のタイ中華料理店の店主って、70歳を超えても元気な方が多いのはなぜなんだろう。
最近、タイ中華店を取材するたびに考えさせられます。

【SHOP DATA】
「ルアンマイ(เรือนไม้ )」
TEL:02-236-3015,02-236-3028,02-633-0089
OPEN:16:30-23:00(不定休)
ADDRESS:82 Mahanakorn Rd.Bangrak Bangkok 10500
PRICE:ホイジョー160B、

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. しばらく行ってませんでしたが、こんなに写真付きのメニューが出来たんですね^^
    次回行ってみたいと思います。

    • By 激旨!タイ食堂

      ここは1人じゃなく、数名で行く店ですね(笑)
      次回は複数名で行ってみたいです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top