BTSプロンポン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコク最強クイッティアオか!?
スクンビット ソイ26の「ルンルアン」

バンコク最強クイッティアオか!?スクンビット ソイ26の「ルンルアン」

※2016年12月17日、メニューの価格を更新しました。

BTS「プロンポン駅」から徒歩数分。
スクンビットソイ26にはいかがわしいマッサージ屋が蝟集する界わいとして定着した感があり、この辺を歩いているだけで「あいつ、エッチなマッサージ店に行くな」と思われているような気がしてそわそわするのは私だけでしょうか。IMG_0476IMG_0478




創業60年以上のクイッティアオ店『ルンルアン』

この非常に狭い一角にエッチなマッサージ店が10軒も集まっていて、隣のソイ24/1などは表に女の子がずらりと並び、エッチな紳士たちをお待ちしている のです。そんなピンクなエリアで営んでいる創業60年以上の老舗『ルンルアン』は、私が愛してやまないクイッティアオであります!

ルンルアン外観

スクンビット・ソイ26からマッサージ店エリアへ右折する角にある『ルンルアン』

ルンルアン店内

混雑を避けて朝8時30分ごろに伺いました

『ルンルアン』のクイッティアオは4種類。クイッティアオ トムヤムのスープ有りと無し。クイッティアオ ナムサイのスープ有りと無し。

ルンルアンメニュー

『ルンルアン』店内に掲げられたメニューには日本語も併記

私が選んだのはセンレックのクイッティアオ ナムサイのスープ有りとスープ無しの2種。一度に2杯です。

ルンルアンの汁ありクイッティアオ

こちらはスープ有りのクイッティアオ

ルンルアン・クイッティアオ・ヘーン

汁なしクイッティアオの「クイッティアオ・ヘーン」

他では味わえない独特の旨さのスープ、魚の薫りが一気に広がルークチン、具材で使われているレバーなどの内蔵系に臭みはなく、そして頂上にトッピングされたミンチ肉。麺もこだわりがあるようで、どれもこれも一分の隙もない絶品クイッティアオです。

センレック

麺はセンレック(中麺)をチョイス

汁無し(クイッティアオ ヘン)も具材は同じで、甘いタレを麺に絡めます。これほどハイレベルなクイッティアオがバンコクの中心部で食べられるのですから、連日大勢の客で賑わっているのは当然といえば当然なのかも。立地の良さだけで客入りするところに無敵の旨さを持っているわけですから!

バンコクで最も評判が高いクイッティアオ!?

厨房内で麺を湯がいたりとクイッティアオ作りをしているのはオーナーの息子さん。かなりイケ麺のような気がしますが、いかがなんでしょうか。

店主の息子さん

こちらがオーナーのお母さんであるスピンさんです。

オーナーのスピンさん

笑顔がキラキラしていて見ているだけで癒されます。

「THE お母さん!」賞を寄与しましょう!

角にある「ルンルアン」の隣には同じようなクイッティアオ屋があります。実はココも「ルンルアン」でピーノーン(姉妹?)が営んでいる、とおっしゃっていました。

ルンルアン別店

『ルンルアン』の右隣に隣接する系列店

昼どきになるとどちらの店舗もパンパンです。そうそう、ここで初めて見た麺にうどんのようなものがありました。

IMG_0466

スピンさんいわく「キアムイー(เกี๊ยมอี๋)」という麺だそうです。一口いただいたところ、食感はうどんに近いと表現したらよいでしょうか。どうやら中華系タイ人が好む麺だそうです。

お父さんの代から創業し60年以上、バンコク最強クイッティアオ「ルンルアン」。これからもソイ26で変わらぬ味を親子3代に渡りずっと守り続けられていくでしょう。

『ルンルアン』へのアクセス方法

では、改めて『ルンルアン』への行き方をご説明しましょう。
BTSプロンポン駅4番出口を降りてUターン。
すぐに出くわす通りはスクンビット・ソイ24ですので、これはスルーし、さらに進むとソイ26です。
ここを右折してしばらく歩くと、『ルンルアン』が右手角にあります。
この界隈は日本人が多いので、もし分からなければ通りを歩いている日本人に聞いてみるのがいいでしょう。

【SHOP DATA】
「ルンルアン(รุ่งเรือง)」
TEL:02-258-6746
OPEN:8:30-17:00(無休)
ADDRESS:10/3 Sukhumvit Soi 26, Sukhumvit Road, Klong Tan, Klong Toey, Bangkok 10110, Thailand.
PRICE:クイッティアオ 50B〜 魚の皮揚げ20B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ここのは美味しいですよね^^

  2. 今朝食べてきました。とても美味しかったです。今回ヘンとナーム両方を食べました。次はバミー汁なしを頼むつもりです。

    • By 激旨!タイ食堂

      コメントありがとうございます。
      ここは駅から近く至便で、しかも旨い!
      タイ人セレブもご用達のクイッティアオ屋です。

  3. By やまもと

    辛くないスープの汁なしを食べました!太さはミディアムを選びました。もちもちしてて美味しかったです。
    隣の人は4杯食べてました!

    • By 激旨!タイ食堂

      コメントありがとうございます。
      隣りの人は4杯!
      ご本人は何杯食べたんでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top