[料理名]チムチュム鍋

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

センセープ運河を眺めながらチムチュムを

センセープ運河を眺めながらチムチュムを

きっと1年以上前になると思います。
この店の前を通ったとき
「こんなところにラーメン屋があったのか!」
と驚いたことで覚えていました。
ラーメン店『麺屋一』
外観の造りや立地場所などを考えると、タイ人経営者であろうこのラーメン屋は、その後私の記憶から消え去り思い出すこともありませんでした。

ラーメン屋でチムチュム!?

私の記憶にこの『麺屋一』が呼び戻されたのは、とある方との会話で登場したことがきっかけです。

「ピンクのカオマンガイ近くにあるタイ人経営のラーメン屋でチムチュムが食べられるんですよ!」

場所を聞くと、きっと『麺屋一』のはず。
あのラーメン屋でチムチュムが食べられる…。
しかもチムチュムだけではなく他タイ料理もメニューにあると言います。
そんな摩訶不思議なラーメン屋が成り立っているのだろうか。
近くを通った際、まずはラーメンだけでも食べてみるかと店に寄ってみました。

麺屋一外観

センセープ運河の畔に立つ『麺屋一』

センセープ運河沿いに立地する『麺屋一』に立ち寄ったのは午後5時過ぎ。
テーブルには他の客は1組しかおらず、センセープ運河からの風を感じながらメニューに目を通します。

麺屋一の店内

運河から流れて来る風が気持ちいい

センセープ運河

運河を行き交うボートを眺めているだけでも楽しい

塩豚骨ラーメン、辛豚骨ラーメン、海老味噌ラーメン、天海老味噌ラーメン、カツカレーライス、から揚げご飯……。
載っているのはラーメンやご飯ものばかりで、どこにもタイ料理が見当たらない。
ほんとにチムチュムなんてあるのか!?

席に座ったからには何か注文しなければならないわけで、メニュートップに載っていた塩豚骨ラーメンにしました。
煮卵のトッピングがあって79バーツという値段は、よろしいんじゃないでしょうか。

img_6260

とはいえ、『じゃあ、ラーメンだけを食べるためにリピートするか!?』と問われれば頷けませんが…。
お店の方と話してみるとやはりタイ人経営で、オープンして3年ほどのお店だそうです。
さきほど手渡されたメニューにはタイ料理が一つも載ってなかったけど、ほんとにチムチュムが食べられるんでしょうかね!

ーーここってチムチュムあるんですか?

「ありますよ。でもチムチュムは18時からのメニューなんです」

チムチュムあった!
タイ料理は別メニューがあり、ソムタムやガイヤーンといったイサーン料理が主なラインナップです。

いざ『麺屋一』へチムチュムを!

後日、情報を頂いた方と『麺屋一』へと来店しました。
時間は18時前。
チムチュムが始まる時間からは橋の上にもテーブル席が設けられているので、この席に腰を落ち着けました。
眼下にはセンセープ運河。
陽が傾き始め、川から流れて来る涼風が心地いい。
こんなシチュエーションでチムチュムが食べられるのは、バンコクでも珍しいでしょう。

チムチュム

センセープ運河にかかる橋の上でチムチュム!

チムチュムの具材

この日は品切れでしたが、モツもあるようです

高層ビル

陽を後ろから浴びる高層ビルが美しい

豚肉のチムチュムのほか、ガイヤーン(タイ風焼き鳥)、ムートート(揚げた豚肉)を注文。
そしてビールは3リットル入りのタワーです!
チムチュムやイサーン料理だけでなく、タワーのビールまでも揃えるラーメン屋が、バンコクで他にあるなら教えてほしい!!

ガイヤーン

甘いタレで味付けされたガイヤーン。旨いです!

揚げた豚肉のムートート

揚げた豚肉のムートート。これも旨くてビールに合う!

タワービール

チムチュム+タワービール=最高!

センセープ運河を走るボート、高層ビル群、それらを眺め涼風に吹かれながらチムチュムを食べられるなんて、最高のシチュエーションです。

2人で3リットルのビールを空け、ヘロヘロになったところで、お店の方にお話を伺いました。

「昔、神戸のラーメン屋で働いたことがあって、その経験をいかしバンコクで出店しました」

『麺屋一』を営むご夫婦

『麺屋一』を営むご夫婦。激旨ステッカーを貼っていただきました!

ご夫婦でお店を始めて3年。
ラーメンやご飯ものだけではなく、たこ焼きやら餃子、から揚げといった居酒屋メニューも揃え、さらにタイ料理も始めたのは、異色のラーメン屋といっていいでしょう。

img_9819 img_9818 img_9817 img_9816

VIPルーム

店奥にはエアコンが効くVIPルームも用意されています

ご主人は日本で働いたことがあるだけに、少しだけですが日本語を話すことが出来るようです。
日本人が来店すればきっと喜ぶと思うので、ご主人を見かけたら声をかけてみてください。

『麺屋一』への行き方

場所はカオマンガイの有名店『ピンクのカオマンガイ』の目と鼻の先にあります。
ピンクのカオマンガイの右手に伸びる細い通りを進むと左手に立地しているので、すぐ分かるでしょう。

ピンクのカオマンガイ

『ピンクのカオマンガイ』から徒歩10秒ほど

ちなみにラーメンは11時のオープンから21時まで。
チムチュムは18時から24時までとなっています。

【SHOP DATA】
「麺屋一」
TEL:092-456-6767
OPEN:11:00-24:00(日曜日休み)
PRICE:チムチュム180B

保存

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このお店、去年の訪タイの時に看板が目に飛び込んで来て、日本人がやってるのかな…?と気になっていました!
    こんな立地でチムチュム頂けるの、いいですね^^
    沢山メニューもあって、初タイの友達等案内するにもよさそうです♪

    • By 激旨!タイ食堂

      私もまさかここでチムチュムが食べられるとは思ってもいなかったので驚きました。
      暑さが和らぐ夕刻からなら、橋の上でチムチュムをつつくのもいいもんです。

  2. まさかのココで、チムチュム食べられるんですかー!
    今夜、ここにします(笑)

    訪タイしたら、ルンピニでチムチュムがお決まりコースだったので、駐車場になっているのを知ったときはショックを隠せませんでしたが、
    新たなチムチュム屋を開拓してみます♪

    • By 西尾 康晴

      ルンピニ公園のチムチュム屋がなくなったのは、かなり衝撃でした。
      センセープ運河沿いでのチムチュム、堪能してくださいね!

  3. By つっちー

    ここはよく通るのでこのラーメン屋さんも知ってましたが入る勇気がありませんでした(笑)川辺で風に吹かれてチムチュムとか何その風流とか思いましたが、その前に川の匂いが臭そうなんですがそれはw大丈夫なんでしょうか。

    • By 西尾 康晴

      匂いの感じ方には個人差がありますので、お店の前まで行ってみて気になるかならないかの判断はご自身でお願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top