BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【BTSサラデーン駅から徒歩1分】
老夫婦が世に送る名作カオマンガイ
サムイスック ポーチャナー

【BTSサラデーン駅から徒歩1分】老夫婦が世に送る名作カオマンガイ サムイスック ポーチャナー

BTSサラデーン駅すぐそばに、人気カオマンガイがあると以前紹介しました。
「ギンヘン」です。
「シーロムコンプレックス」向かって左隣に立地。
ランチ時には周辺のビジネスマンがひっきりなしに来店し、私はそれを避けるように14時ごろに来店したところ、すでにオーナーはおらずお会いすることができなかったという哀しい過去があります。
だったら昼時に行けばいいじゃないか、と言われればぐうの音も出ないわけですが。
ぐうの音は出ませんが、サラデーン駅近くに別の人気カオマンガイ店を見つけたので、ご紹介しようと思っております。
「サムイ スーク ポーチャナー(Samai Suek Pochana)」です。IMG_4039IMG_4045

大勢の来客を老夫婦が見事に切り盛り

幾度もこの前を通っていたにも関わらず、気付いたのはつい最近。
13時ごろに店の前を通ったところ満席だったので目が留まりました。
そして私が取材のために来店したのは13時過ぎ。
繁忙時間を外すことなく取材に出向く不束な男です。IMG_4044ひっきりなし、とは昼どきのこのカオマンガイ屋であると表現して一切の問題がないでしょう。
とにかく入れ替わり立ち替わりお客さんがやって来るやって来る。
のんびり味わいながらカオマンガイを食べ、食べ終わるや写真を撮り出す男は、不束であると表現して一切の問題がないでしょう。
そんな状況でも慌てふためくことなくお店を切り盛りするのは老夫婦のお2人。
女性が厨房に立ち次々と鶏をさばき、鮮やかな手つきに見惚れるほど。IMG_4048男性は足を止めることなく店内を縦横無尽に行ったり来たりし、お会計をし、退店したあとのテーブルを片付け、新規来店者を誘導しています。
仕事中、2人はほとんど会話を交わすことはありませんが、長年寄り添ってきたであろう年月を感じさせるほど息はぴたりと合っており、夫婦っていいなぁと感じる不束な独身男。

カオマンガイだけではなくクイッティアオも人気

さて肝心のカオマンガイ。
茶色いご飯は固めで、色ほど味は濃くありません。IMG_4035IMG_4072鶏肉が入ったこのスープが秀逸です。IMG_4037化学調味料も味付けに若干の加担をしているのでしょうが、必要最小限におさえられ鶏の味がしっかりと味わえるスープ。
数十年は営業しているだろうと思ったところ、女性のホッさんに聞くと創業して10年ほどだと言います。IMG_40751日にさばく鶏は日によって変わり10〜20羽。「サムイ スーク ポーチャナー」ではカオマンガイの他にクイッティアオもあり。
こちらはクイッティアオ イエンタフォーです。IMG_4073カオマンガイ屋にしてはクイッティアオを注文するタイ人客も多かったので、旨いのかも…。
取材中、日本人団体客がタイ人コーディネーターを引き連れ来店していましたが、空席が少ないため入店できず…。

【SHOP DATA】
「サムイスークポーチャナー(สมัยศึก โภชนา)」
TEL:086-787-2200
OPEN:07:30-18:00
ADDRESS:Silom 2/1, Silom Road, Bangkok 10500.
PRICE:カオマンガイ40B、スープ10B、クイッティアオ50B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして。少し前に、こちらのブログを見つけて各々の記事を美味そうやなあと興味津々で読ませて頂いてます。このカオマンガイ店が掲載されて、私の舌は正常だと認識しました(笑)明日からバンコクに短期旅行なので、掲載されている他の店に行くのが楽しみです。

    • By 激旨!タイ食堂

      ご愛読いただきありがとうございます。
      ブログに掲載している店へ行かれましたら、ぜひご感想を聞かせてください。
      では、バンコク滞在楽しんでくださいね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top