MRTラマ9世駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

セントラルラマ9でひさびさのシンガポールチキンライス
SERGEANT HAINANESE CHICKEN RICE

セントラルラマ9でひさびさのシンガポールチキンライスSERGEANT HAINANESE CHICKEN RICE

本日の時点で人気記事の1位はアソーク駅から徒歩で行けるカオマンガイ屋。
これほどカオマンガイが人気であるのに、ここ数ヶ月、カオマンガイ屋を紹介できずにいます。
バンコクのカオマンガイ屋はこの1月8日付けの記事を最後に更新されていません。
いやぁ、カオマンガイ離れが長いなぁ。

オフ会参加者からステキな情報をゲット!

これほど長期間、カオマンガイ屋を取り上げることができていないのは、もうかなりの数を紹介してしまったこと。
この1点です。
どこにでもあるといえばどこにでもあるカオマンガイ屋なので、それでよければ幾らでも紹介できますが、それじゃあ意味が無いですし…。

そんなことを思っていた矢先、オフ会に参加してくださった方からステキな情報をいただきました。
カオマンガイ! ではないんですがシンガポールチキンライスの旨い店です。

[スポンサーリンク]



いざCentral Plaza Grand Rama 9へ!

「セントラルラマ9の6階にFood Republicというフードコートがあるんですが、その中に入っているシンガポールチキンライスのお店です。鶏肉がしっとりしていて美味しいですよ」

ふむふむ。
カオマンガイではありませんが、シンガポールチキンライスもかなり久しく紹介していません。
この話しを聞き、久しく来ていなかったセントラルラマ9(正式名称はCentral Plaza Grand Rama 9)へ訪れました。

数年前、私はこの近くに住んでいました。
そのころはちょくちょく足を運んでいたのですが、私が行くのは地下のフードコートばかり。
6階にFood Republicなんて洒落た名前のフードコートがあることすら知りませんでした。

IMG_9242 IMG_9243

Food Republicは6階

セントラルラマ9への行き方は簡単。
MRTラマ9世駅を下車すれば目の前。
初タイの方でも分かりやすい立地です。
さて、6階にあるというFood Republic。
初めて訪れてみてビックリしたのですが、旨そうな店が揃ってる!
オースワン(牡蠣の卵とじ炒め)の店や、ソムタム、カオカームーやクイッティアオ、ラートナーといったタイ料理から日本のラーメンを提供する店までバラエティに富んでいます。

IMG_9260 IMG_9261 IMG_9263

IMG_9262

読者の方から「パッ マカロニ(マカロニの炒め物)の美味しい店を知りませんか?」という問い合わせがあったのですが、ここいかがでしょう

ちなみに後日、Food Republicをネットで調べてみたところ、セントラルラマ9だけではなくバンコクにはサイアムセンターやメガバンナー内にもあるようです。
Food Republic公式サイト

しっとしとした鶏肉のシンガポールチキンライスに癒される

Food Republic内で飲食するには、まずCASHIERで希望額の現金をカードにチャージ。
このカードを使って各店で支払いをし、カード内に残った額をCASHIERで現金に戻してもらいます。
ほとんどのフードコードで導入されているシステムなんですが、私はよく現金に変えてもらうのを忘れ、帰宅してからカードの存在に気付き、愕然とすることがしばしば。
数十バーツのために再度フードコートへ行く気にもなれず、そのまま放置され、フードコードで安価に食事を済ませた意味がなくなってしまうわけです。
みなさんもご注意下さい。
そんなヘマはしないですか?
失礼いたしました。

IMG_9244

さてさて、私が目指したシンガポールチキンライスの店は『SERGEANT HAINANESE CHICKEN RICE』。
店頭に鶏が吊られているのですぐに見つけられるでしょう。

IMG_9245 IMG_9248 IMG_9247 IMG_9246

まずオーダーしたのは、シンガポールチキンライスと青梗菜のセット。
そしてもう一品、どうしても気になったのがチキン入りマカロニスープ。
品数が多過ぎであるように思われる方もいるでしょうが、シンガポールチキンライスが小ぶりなので、案外そうでもないですよ。

IMG_9253 IMG_9255

読者の方が推していただけあり、しっとりとした鶏肉と丁寧に炊かれたご飯は秀逸!
もう一品のマカロニスープも絶妙な味わいで、こちらも旨し。
1つ失敗したなと思ったのは、2品ともに青梗菜が付いていたことぐらいです。
青梗菜の大ファンでもないし、セットで付いてきたスープも不要だったので、シンガポールチキンライスは単品でよかったかなと。

IMG_9257

『SERGEANT HAINANESE CHICKEN RICE』には他に、ガイトート(揚げた鶏肉)やローストチキンもあるようです。

IMG_9249 IMG_9250

これらも食べてみたいですが、隣りのオースワンの店も気になるなぁ。

【SHOP DATA】
「SERGEANT HAINANESE CHICKEN RICE(三巡海南鸡饭)」
OPEN:10:00-21:45(Food Republicの閉館時間)
ADDRESS:Central Plaza Grand Rama 9 6FL, Ratchadaphisek Rd、Khwaeng Huai Khwang, Din Daeng、Krung Thep Maha Nakhon 10400
PRICE:シンガポールチキンライス68B、シンガポールチキンライスセット95B、シンガポールチキン入りマカロニスープ50B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top