[バンコク以外]チョンブリ県&シラチャ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

タイのグルメサイトも認めた
タイ食堂でガーリック炒めのシャコご飯!!

タイのグルメサイトも認めたタイ食堂でガーリック炒めのシャコご飯!!

バンコクに住み始めて丸6年が経とうとしています。
年に少なくとも1度は日本へ帰国しているものの、タイ在住歴が長くなると日本国内のことが徐々に疎くなり、昨今のトレンドやら何やらがわからなくなっているんですが、回転ずしへ行けば、いまでも【シャコ】って普通にあるんでしょうかね…。
実を申しますと、私がシャコが大好物。
このことは友人数名しか知らないようなどうでもいい私的インフォメーションですが、大好物なのにタイ国内でシャコにお会いできる機会がまったく無く、シャコ好きとしては悶々とせざるを得ないタイ生活を送っているわけでございます。

シャコを求めていざチョンブリーへ!

そんな折、Instagramのアカウント名【kanikobe】 さんが、私に朗報を届けてくれました。
シャコが食べられるローカル食堂を見つけた、という内容です。
これに食いつかないわけがない!
ところが場所はバンコクではなく、バンコクから車で1時間ほど離れたチョンブリーという街。
日本人駐在員が多い街として知られるシラチャから、北へ20キロほどにある街です。
kanikobeさんは私に教えてくれると、居てもたってもいられなくなったのか、ロットゥーでのアクセス方法を自分で調べ、単独で来店すべく出発。
なにごともなく無事に辿り着けることができたようで、彼女からLINEで送られてきた写真には【シャコのガーリック炒め】や【シャコのガパオ炒め】など、バンコクではお目にかかれない料理がおさめられている。
彼女から続々と送られた写真に触発された私は、1週間後の日曜日、車をかっ飛ばして向かいました!




シャコのガーリック炒めと海鮮ガパオ

バンコクを朝8時過ぎに出発して、到着したのは9時30分。
『パーオンゴップグワン』の前には車が数台駐車できるスペースがあるのですが満車。
その中には高級車ポルシェまで停まっているではないか。
ポルシェに乗れる身なら、タイ食堂なんかじゃなく高額な店に行ってくれればいいんじゃないっすかね!
他へ行ってくれれば我々の車が駐車できるんですけどね!
金持ちをただ妬んでいるわけですが、駐車スペースがないことに苛立ちを覚えつつ、店主であろう男性に相談してみました。
「寺の前に止めちゃっていいよ〜」
バチが当たらないっすかね…。

テーブル席は店内に5席、表に3席ほどしかない、町のどこにでもある小さな食堂。
店内を覗くと空いていたのは1席しかなく、ほとんどが先客たちで埋まっていました。
タイのグルメサイトWongnaiでの評価は高く、2016年はBEST of Wongnai2017年はUser’s Choiceに選出されています。
男性店主は私にメニューを手渡してくれましたが、注文するものをすでに決めていた私は、それを見ることもなく、「ガン・パッド・ガティアム」をオーダーしました。
タイ語でシャコは「ガン(กั้ง)」、「パッド」は炒める、「ガティアム」はガーリック。
オーダーした品は「シャコのガーリック炒め」です。
もう1品は、エビやイカ、カニ、シャコをガパオとともに炒めた「ガパオ・ルアンミット」にしました。

強火で炒めたシャコはニンニクの薫りをまとい、ご飯の上でそっと横たわっておられる。
見ただけで食欲をそそるとはこのことで、脳髄に電撃が走らせる一品。
シャコを頬張ると強いニンニクの薫りが鼻から抜け、次に味わうのはシャコの食感。
旨い旨い旨い旨い!!!
4回「旨い」を書いてもまだ足らない。
イカやエビ、カニやシャコを炒めたガパオ・ルアンミットは、少々辛めに味付けされていて、額に汗を流しつつ味わう。
こちらも旨い!!

以下の写真はkanikobeさんが送ってくれたものです。
私も彼女と同じシャコのガーリック炒めをオーダーしたようですが、写真を見るとこちらのシャコの方が大きくないですか!?
しかも、多くないですか!?
気のせいだと思いたいですが…。

kanikobeさんがオーダーしたシャコのガーリック炒め 写真提供:kanikobe

こちらはシャコのガパオ炒め(目玉焼き乗せ) 写真提供:kanikobe

『パーオンゴップグワン』の全メニュー

立地的にタイ人しか行かないローカル食堂であるため、メニューに英語表記があるはずもなく、しかも写真もない。
あるのはタイ語で書かれた料理名とお値段だけ。
メニューの料金は左が【ご飯乗せ】で、右は【おかずのみ】になっています。

メニュー1

 

メニュー2

カタカナ読みと日本語訳メニューを用意しました

すべてのメニューを知りたい方のために、タイ語&カタカナ読み&日本語訳メニューを用意しました。以下のような表記で全メニューを紹介しています。
กั้ง ผัดกระเทียม ガン・パッド・ガティアム(シャコのガーリック炒め)
100-150B/300B
なおこちらはnoteでの有料販売となっています。
価格は100円です。

チョンブリーのタイ食堂【パーオンゴップグワン】の日本語訳メニュー

チョンブリーへの行き方&バンコクへの帰り方

『パーオンゴップグワン』の店主

2品を完食した後、店主の男性に話しを伺いました。

「創業してからは30年ほど経つけど、シーフードを扱い始めたのは4〜5年前からなんだ」

店から西へ進むと広がるのはタイ湾。
海が近く新鮮なシーフードが手に入りやすい条件、それに加え調理人の確かな腕があり、シャコやカニ、ホタテなどを使った素晴らしい料理の数々が提供できるのでしょう。

「そういえば先週、日本人の女性がカバンを担いで一人で来店したよ」

まさしくkanikobeさんのことです(笑)
外国人女性が一人で来店することなど滅多にないので珍しかったに違いありません。

私は車を使いましたが、バスで向かいたい方はエカマイの東バスターミナルからチョンブリー方面行きが出ています。
『パーオンゴップグワン』からの帰りは近くに乗り場があるのでロットゥー利用が便利。
乗り場は以下の地図で示した場所です。

【Agoda】で探すチョンブリーのホテル

【SHOP DATA】
「パーオンゴップグワン(ป้าอ่อนกอกก๊วน)」
TEL:089-247-1894
OPEN:7:00-14:00
PRICE:ガン・パッド・ガティアム(ご飯乗せ)100B、ガパオ・ルアンミット300B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして、いつも楽しく見させて頂いています。
    ふと思い出したので、コメントさせて頂きます。
    ホイクワーンのソンブーンにある水槽でシャコが泳いでいた記憶が有りますよ?
    実際に食べてはいないので勘違いかもしれませんが… 
    アクセスも悪く無いはずですし。店の外から水槽が覗けるのでもし機会が有れば。

    ps.ご存知かと思いますが、店の横にマーケットが有って入って行って左側にあるイサーン料理屋サンが、バンコクで食べた二番目に美味しい店でした^^

    • By 激旨!タイ食堂

      シャコを使ったタイ料理は「あまり見かけない」だけで、あるにはありますよ。
      おっしゃっているイサーン料理屋は、タイシーフードのお店『Noi Seafood』でしょうかね。

  2. 昔チョンブリー(今回のお店よりももうちょっと遠いところ)に住んでました。(^^ こんなお店あるんですね〜。興味ありまくりです!! 

    この辺だと、屋台のヤム屋台とかでもたまにヤムガン、見かけますよ。でも、こういう小さいお店で炒め物出してるのは初めてみました。美味しそうですね〜。

    アンシラーの魚市場とかも興味深いものがたくさんあるので、是非行ってみてください。

    • By 激旨!タイ食堂

      ヤムガイ!
      これは食べてみたいです。
      アンシラーの魚市場というのも非常に気になります!

  3. 先ずモーファィです。
    あれ?超有名店
    http://ryorimanga.com/?p=831
    アクセス最悪
    http://deadlybunnychubbypenguin.blogspot.jp/2011/10/sathu-pier-stewed-beef-noodle-bangkok.html
    https://pantip.com/topic/31609273
    盛り合わせ
    https://pantip.com/topic/35543847
    一番好きだけれど変わってます。暑い、車が無いと無理
    http://www.thairath.co.th/content/287850
    オンヌット、ピカデリーバンコクの斜向かいにあります。ココもシェルポーチャナー
    https://th-th.facebook.com/pages/%E0%B8%81%E0%B9%8B%E0%B8%A7%E0%B8%A2%E0%B9%80%E0%B8%95%E0%B8%B5%E0%B9%8B%E0%B8%A2%E0%B8%A7%E0%B9%80%E0%B8%99%E0%B8%B7%E0%B9%89%E0%B8%AD%E0%B9%80%E0%B8%8A%E0%B8%A5%E0%B8%A5%E0%B9%8C%E0%B9%82%E0%B8%A0%E0%B8%8A%E0%B8%99%E0%B8%B2-%E0%B8%AD%E0%B9%88%E0%B8%AD%E0%B8%99%E0%B8%99%E0%B8%B8%E0%B8%8A462/226867467329265

    どこも暑いので自分で行くことはまず無くてメッセンジャー君にお願いしてます

    シャコはヤワラートに昼行くと道端でズケ(カンドーン)が売ってますよ。それからルアムルディの真ん中あたりにカンバーンペーというラヨーンのクイッティオの名店が店を出してます。あと巨大なのでよければ大きなシーフード屋、ソンブーンとかでも、結構あると思います。生を市場でとかは諦めた方がいいです。シャコって採れてスグに調理しないと身が鼻水の様になってしまいます。

    • By 激旨!タイ食堂

      情報ありがとうございます。
      4番目のモーファイは気になります。
      私は暑い中、汗をダラダラ流しながら鍋をつつくのが好きなので、来店してみますね!

  4. 情報がこちらに集約されているようなので、こちらに書き込みしますね。m(_ _)m
    最近はタイ語の情報サイトもかなり充実していて、「<料理名>の美味しい店トップ10」みたいな記事がいくつもあります。 เนื้อตุ๋นหม้อไฟ 10 ร้าน とかで検索すると、ゾロゾロでてきます。
    お店の場所は改めてwongnaiで検索したら、地図がついているのですぐわかりますね。

    検索した中で、「トップ8」の紹介記事があったので、リンクを貼っておきます!
    http://www.ryoiireview.com/article/8-stew-beef-pork-noodle-and-hotpot-bkk/
    上から2番目のお店の写真が、超美味しそうですね。(^^

    自分は未だ日本在住ですので、実食レポートは劇旨さんにお任せします〜。

  5. 連投すみません。 「ランキング」に相当する単語が「อันดับ」なので、「<料理名>อันดับ」で検索しもいいと思います。

    この記事もかなり参考になると思います!!
    http://bit.ly/2mDpToZ (リンク名が長いので省略URLにしました。)

    どの記事でも、必ずヘンチュンセンは取り上げられていますね〜。(^^ 

    • By 激旨!タイ食堂

      たくさんのモーファイ情報ありがとうございます。
      タイ語だとまとめ記事があるぐらいなんですが、まだまだ日本人にはモーファイが知られていないのは残念です。
      もっともっと知ってもらいたいので、これからも記事で取り上げていきますね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top