[バンコク以外]チョンブリ県&シラチャ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

カオカームーで朝食を@シーラチャー

カオカームーで朝食を@シーラチャー

IMG_0631

シーラチャー中心部から撮影したタイ湾に沈む夕陽です。
パタヤでも同様の夕陽を拝めるのですが、なにせ人が多い。
シーラチャーの海沿いの公園にいる人々は、散歩やジョギングに興じている人が多く、観光客がいるわけでもなく静かに夕陽が眺められるのです。

口の中で踊るカオカームーと苦瓜スープ

さて、本日紹介する店はシーラチャーのカオカームー。
中心部に立地しており上記の夕陽が眺められる公園からも徒歩数分程度です。
『カームークイジェン』は朝5時から元気に営業開始。
バンコクの屋台飯屋でも朝5時に開けている店は少なく、このブログで取り上げた中でも数店しかありませんでした。

IMG_0507 IMG_0502 IMG_0508 IMG_0505

私が来店したのは午前8時。
人の往来が少なく、車もほとんど走らないシーラチャー中心部、清々しい空気の中で飯がいただけます。
こちらは煮卵乗せカオカームー。

IMG_0498
口の中で踊る豚足のプリプリ感にやられました。
そしてもう1品、苦瓜のスープ。
澄んだ朝の空気とほんのりと苦味のあるスープは相性抜群。

IMG_0499
バンコクのような喧騒がなく静かな朝に包まれながら食べるかオーカームー。
ちょっと贅沢な朝のように感じます。
食べているものは50バーツですけど。

[スポンサーリンク]

1日16時間営業を年中無休で!

女性店主に聞くと『カームークイジェン』は創業して15年と言います。
朝5時から夜9時まで営業し、年中無休なのだとか!
しかも17時からはクイッティアオを始めるそう!!

IMG_0523

この女性が1人でずっと閉店までやっているわけではないですが、仕込みだとかもあるでしょうし、1日16時間営業を無休で維持するのは相当ハードでしょう。

カオカームーの薫りに釣られて、猫が2匹登場。
どうやら常連のようで、女性店主が豚肉をあげていました。
人見知りなのか私の半径3メートルには近寄ってくれませんでしたが…。
お店を去る前に、遠くから、一枚。

IMG_0531

【SHOP DATA】
「カームークイジェン(ขาหมูก๊วยเจ๋ง)」
TEL:091-790-4419
OPEN:5:00-21:00(無休)
ADDRESS:Sriracha Nakorn 4 (South Sriracha Place) Sriracha, Sriracha, Chonburi 20110
PRICE:カオカームー40B、煮卵乗せカオカームー50B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アグリランナー

    50位未満になると見られらなくなるので、頑張れー、私は50位未満のブログがあるのをつい最近まで知らなかったのだ、

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top