BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

シーロムコンプレックス裏に密集する屋台群で食べ狂ってみた

シーロムコンプレックス裏に密集する屋台群で食べ狂ってみた

屋台やフードコートがずらりと並ぶシーロムのサラデーン2通り

バンコクから屋台エリアが次々と撤退を命じられている中、シーロム通りで夜間営業している屋台や露店にも撤去するよう命令が出たというニュースが流れました。

夜間のシーロム通りに並ぶ露店や屋台も撤去!?

シーロム通りの露店では、衣類やアクセサリー、お土産物から海賊版DVD、タイでの販売が禁止されている大人のおもちゃまでもが堂々と販売されていて、パッポン通りの屋台と並ぶ“シーロムの風物詩”といった存在。

当初、6月1日までに撤去するようとの命令だったようですが、露天商たちの抗議活動が功を奏したのか、いまだ撤去せず営業しています。しかし、10月には完全撤去されるとの未確認情報も流れています。

そのうち、BTSナナ駅近くで夜間営業している露店や屋台にも撤去命令が下るかもしれません。
ここの露店群でもいかがわしい商品がたくさん売ってますからね。

とまぁ、バンコクの文化、というか東南アジアの文化とも呼べる屋台がどんどん撤去されている屋台群ですが、シーロム界わいでは日中まだまだ元気に営業している屋台通りがあるんです。

希少になりつつあるので、いまのうちにがっつりと紹介しておこうと、ひたすら食べ歩いた屋台エリア「ソイ・コンベント2」を取り上げます。

シーロムコンプレックス裏に広がる屋台群

ソイ・コンベント2とは、ショッピングモール『シーロムコンプレックス』の裏を東西に走る通りです。
最寄り駅はMRTシーロム駅かBTSサラデーン駅。
MRTシーロム駅だと2番出口を降りてから徒歩2〜3分で、BTSサラデーン駅からは、『シーロムコンプレックス』直通の出口があるので、そこから向かうのがもっとも近いでしょう。

クイッティアオからカオマンガイ、串焼き、フルーツ、ジュース、お菓子などなど、いろんな屋台が肩を寄せ合うように並び、ここへ来ればだいたいの屋台飯が食べられるんじゃないかというラインナップ。
そして今回初めて気付いたのは衣服を売っている小さな市場があったこと。

ソイコンベント2通り

主に『シーロムコンプレックス』側に屋台が並んでいます

シーロムコンプレックス裏の屋台

フルーツ屋台も幾つかあります

 

シーロムコンプレックス裏の屋台2

串焼きとカオニャオ(もち米)の組み合わせはたまりません!

シーロムコンプレックス裏の屋台3

こちらはアヒル肉や鶏のクイッティアオ屋

シーロムコンプレックス裏の衣料品店

ひょっこり現れる衣服売り場

ランチタイムはごった返すソイコンベント2のフードコート

ソイ・コンベント2通りには屋台だけではなく、一角にフードコートまであり、昼どきになると辺りで働くでビジネスマンやOLでごった返します。

昼12時〜13時までのコアタイムは、席を探すだけで一苦労するほどの混雑っぷり。

シーロムコンプレックス裏のフードコートIMG_6036IMG_6037IMG_6041

ラートナー、クイッティアオ、カオマンガイ、カオモッガイ、ソムタム、カオソーイ、ぶっかけ飯(カオゲーン)、注文屋台、といったタイ飯屋台のオールスターたちが参集し、通り沿いでは飲料、お菓子屋台もあったりと、屋台飯好きにはたまらない!

ここで特に人気があり行列が出来ていたのは、カオモッガイとクイッティアオの屋台です。

揚げた鶏肉をトッピングしたカオモッガイ・トートは35バーツ、クイッティアオ・トムヤム・ムー(豚肉のクイッティアオ・トムヤム)は40バーツ。

カオモッガイ屋

カオモッガイの他に、揚げた鶏をご飯に乗せたカオマンガイ・トートもあります

カオモッガイ屋2

もっとも長い行列が出来ていました

カオモッガイ

揚げニンニクの薫りが立ち旨い!

クイッティアオ屋

行列が出来ていたクイッティアオ屋です

クイッティアオ屋2

トッピング具材も豊富

クイッティアオ・トムヤム1

ピリッとした辛さと甘さが同居したクイッティアオ・トムヤム

クイッティアオ・トムヤム2

半熟卵のトッピングにヘロヘロ……

私が館内の写真を撮っていると、入口付近で営業しているラートナー屋台の女性に声をかけられました。

「うちの写真も撮ってよ〜」

写真を撮っている理由を話すと、サイト上で紹介してほしいとお願いされました(笑)

ラートナー屋

入口付近のラートナー屋です

ここでお店を始めて6年というラートナー屋。
エビやイカなどを使った、海鮮ラートナー(ラートナー・タレー)は胡椒が効いて、ボリューム満点!
麺がもうちょっとパリッとしていればもっとよかったんだけどなぁ。

ラートナー

ボリューも満点のラートナー

南部ハジャイに本店を持つカオソーイ店

水などの飲料は中央に設けられているドリンク売り場で購入します。
売っていたおばちゃんに聞くと、フードコートが開くのは朝6時から夕刻17時まで。
土曜日と日曜日はクローズするそうです。
とはいえ、クイッティアオ屋は9時〜15時、ラートナー屋は7時30分か〜16時30分までと、営業時間は屋台それぞれ。

フードコードでもう一軒気になった屋台は、フードコート中央部で営業しているカオソーイ。
店舗は他屋台よりも小さく、行列が出来ているわけではないのですが、オーダーに来る客は多い。
さらに気になったのは、男性店主がほとんどいないフードコードで、たった1人で切り盛りしているうえ、生真面目な働きっぷりが好印象だったことです。

IMG_6138IMG_6139IMG_6550

「ここで出店してからはもうすぐ2年になります」

タイ南部のハジャイに本店があるそうで、ここでお店を出す前は4年間、本店で働いていたそうです。
カオソーイのほか、ナムニャオという素麺に似た麺カノムジンを使った一品も旨い!
私はカオソーイも好きなんですが、どちらかというとこのナムニャオのほうが好みなんです。
トマトや豚肉、豚の血などを煮込んだスープは、カオソーイの風味とはかなり異なり、少々スパイシーでパンチがある。
未経験の方はぜひナムニャオにもチャレンジしてみてください。
こちらのカオソーイの店は7時〜16時まで営業。

カオソーイ

揚げ麺たっぷりのカオソーイです

カオソーイ2

平らな小麦麺が使われています

ナムニャオ

こちらはナムニャオ。トマトや豚肉などを煮込んだスープが旨い!

創業約40年のイエンタフォー屋台はいつも満席!

ソイ・コンベント2で、もっとも知名度のある屋台といえばここでしょう。
クイッティアオ・イエンタフォーの専門店『イエンタフォー・ジェーシー(เย็นตาโฟ เจซี)』です。
色んな媒体で取り上げられ、日本語フリーコピーでも紹介されたことのある同店は、いつ来ても満席。
来店した日も閉店30分前の13時でしたが、空席は1席しかなく、しかも相席でした。

イエンタフォージェーシー

13時30分を過ぎ閉店直後の『イエンタフォージェーシー』

イエンタフォージェーシー2

屋台の前には、紹介された記事がたくさん貼付けられています 

イエンタフォージェーシー3

タマダー(並)が40バーツ、ピセー(大盛り)が50バーツ

厨房でひたすらクイッティアオを作る女性に汁アリのイエンタフォー注文し、てくてく席まで行って着席。
そこからが長い!
私が席についてからイエンタフォーが運ばれて来るまで、20分以上かかりました。
小さな屋台に10席以上ものテーブルが満席なのだから仕方がない。

イエンタフォージェーシー

着席している客だけじゃなく持ち帰りのオーダーもありてんやわんや

ほどよい酸味がふわっと口の中に広がり、しばらくして甘みが現れる。
奥深い風味のイエンタフォーは20分待っても食べる価値あるなぁ!

イエンタフォー

トッピングされた数種のルークチンの秀逸です

イエンタフォー

ルークチンも味わいながらいただいてください

私がイエンタフォーの写真を撮っているのを見たスタッフが、食べ終わった私に一言こう言いました。

「スープ無しのほうがおすすめよ」

食べ終わったのが閉店時間の13時30分。
今さら言われてもね〜!!

気を取り直して、店主にお話しを伺いことにしました。
厨房で手を休めることなくクイッティアオを作り続けていたこちらの女性です。

イエンタフォージェーシー店主

創業から40年近くに渡り『イエンタフォージェーシー』を守り続けてきた女性店主。満面の笑み!

「創業してからどれぐらい経ったかしら。20年ぐらい?」

数十年以上もの老舗店ではよくあることで、創業年数にこだわりがないのか、一度聞いただけで即答できるお店がかなり少ない。
すると、男性のスタッフが言い添えてくれました。

「違うよ。俺が14歳のころから始めたから40年近く経ってるよ」

教えてくれたのは店主の息子さんです。
彼は現在53歳。
つまり39年もここでイエンタフォーを提供し続けています。

あまり知られていないエリアですが、タイの屋台飯好きなら必ず気に入るであろうソイ・コンベント2。
自分好みの屋台を探してみてください。

【SHOP DATA】
「イエンタフォー・ジェーシー(เย็นตาโฟ เจซี )」
OPEN:6:00-9:30,10:00-13:30(日曜日と隔週月曜日休み)
PRICE:イエンタフォー40B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. カオソーイ、カノムジーンナムギョウと北の名物麺なのに南部に本店があるって、なんだかめちゃ興味出ますねー。美味いんだろうなぁ…この屋台群には行ったこと無いので、今度行ってみたいと思います!

    • By 激旨!タイ食堂

      北タイ料理なのにハジャイが本店って珍しいですよね。
      本店はウェブサイトがあるっておっしゃってました。

  2. By ゲンちゃんパパ

    初めまして。
    カノムチーンナムミョウを探してこちらのブログにたどり着きました。
    バンコクではなかなか店を探すのが大変で 見つけてもすぐにやめてしまうことが多いのでナムミョウ好きとしては辛いところです。
    ソイコンベント2の店も好きな店なんですが 付け合わせの野菜やマナオが少ないのがマイナスポイントかな?
    これからも バンコクではあまり食べられないメニューも開拓お願いします。
    あと センプラーのクイッティアオですけど ソイコンベント2とソイサラデーンの交差付近の店にもありますよ!

    • By 激旨!タイ食堂

      コメントありがとうございます。
      カノムジーン・ナムニャオは、私も好きなのですが、おっしゃるようにバンコクには少ないですよね。
      これからも「まだまだ知られていない旨い」を探し、ブログで取り上げていきますので、よろしくお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top