BTSアソーク駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ソイカウボーイのあとはクイッティアオ屋台で夜食を

ソイカウボーイのあとはクイッティアオ屋台で夜食を

タイへ初観光に来られる方を必ずと言っていいほどアテンドするのがゴーゴーバー。
場所はBTSナナ駅のすぐそばにあるナナプラザ、またはBTSアソーク駅とMRTスクムビット駅近くのソイカウボーイのどちらかです。
男性で訪タイ経験のある方でしたらほとんどが一度は訪れたことがあるでしょうし、私が細かく説明する必要もないでしょう。

IMG_9692

ソイカウボーイの入口(アソーク通り側)

IMG_9680

アソーク通り側から見たソイカウボーイ

アソーク通りに面するクイッティアオ屋台

私の弟が昨年4月に結婚し、5月のゴールデンウィークに新婚旅行でタイへ来たのですが、その時もソイカウボーイを案内しました。
一般的なゴーゴーバーも連れて行きましたが、最後に来店したのはニューハーフ専門ゴーゴーバー。
初めてタイに来た2人はステージで踊るお美しいお兄さんたちに驚愕し、
「付いているのか?付いていないのか?」
と何度も質問してくるのは、弟ばかりではなく嫁もしかりでした。

彼らと別れたあと、夜食で食べたのがソイカウボーイ至近のクイッティアオ屋です。

[スポンサーリンク]



朝まで営業する屋台にはゴーゴー嬢も多く来店

クイッティアオ屋台『ルークチン ヌアウア チャンプ』ソイカウボーイをアソーク通り側へ出てすぐに左折した歩道で出店しています。
前を通るとスープの香りに食欲を刺激される人が続出。
ゴーゴーバー帰りの男性や勤務中のゴーゴー嬢などが旨そうに麺をすすっている姿を見ると、さほど空腹ではなくとも思わず着座してしまうんです。
先日、ひさしぶりに来店したのですが弟をアテンドした以来ですので1年ぶりでした。

IMG_9691

ソイカウボーイを出てアソーク通りの向こう側にあるのはターミナル21

IMG_9689

クイッティアオのスープはナムトック。
豚の血を入れたコクのあるスープで、飲んだあとの胃袋にすーっと染み込む旨さ。
すぐ目の前にあるソイカウボーイ入口の喧騒を眺めながらすするクイッティアオは格別です。

IMG_9684

クイッティアオ ナムトック

IMG_9686

私がオーダーしたのはバミー(中華麺)のクイッティアオ

「お店は23年前からやってるよ。私の写真?ダメダメ!」

店を切り盛りする中年女性に話しを訊いたあと、写真を撮らせてくれとお願いしたのですがNGでした(笑)

ここのクイッティアオ屋『ルークチン ヌアウア チャンプ』は調べてみところチェーン展開している屋台のようで、店名で画像検索すれば同じロゴの屋台がたくさんヒットします。

私はここでセンレック(中麺)とバミー(中華麺)しか食べたことがないですが、ママー(インスタント麺)以外ならあるそうです。

店主と交渉し、看板の下部に激旨ステッカーを貼らせていただいたので、ソイカウボーイへお立ち寄りの際はご見物ください(笑)

IMG_9694

激旨!タイ食堂ステッカー、貼ってます(笑)

【SHOP DATA】
「ルークチンヌアウアチャンプ(ลูกชิ้นเนื้อวัว แชมป์)」
TEL:無し
OPEN:18:00-24:00(月曜日休み)
PRICE:クイッティアオ40B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年、出版社での勤務が決まりタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By さっしー

    ソイカウボーイはサラデーン駅じゃなくて、アソーク駅とスクムビット駅ですよー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top