[エリア]旧市街

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

太麺と細麺をミックス!バンコク旧市街地の
クイッティアオ・トムヤム

太麺と細麺をミックス!バンコク旧市街地のクイッティアオ・トムヤム

今年2月4日に取り上げた『ナイウアン』
手作りルークチンがトッピングされた極上のクイッティアオ・イエンタフォーで人気のクイッティアオ屋です。
個人的には土日だけお店を手伝う女の子の笑顔も推しなんですが。

ここのクイッティアオを食べているときから気になっていたのは、真向かいで営業していた同じくクイッティアオの店。
イエンタフォーの人気店の真正面で営業していながら、店内はほぼ満席。
持ち帰りの客も数名待っていて、人気店であろう雰囲気がむんむんです。

私のアンテナが“旨いオーラ”を受信したのですが、この日はクイッティアオ・イエンタフォーを食べただけではなく、来店前には豚の脳みそ入りスープまで平らげていたため、さすがにもう1杯クイッティアオを食せる余裕がなく断念。
先日偶然にもお店の前を通ったので、ここぞとばかりに入店しました。

IMG_7042IMG_7058

[スポンサーリンク]



店主は意外にも…

店名は『クイッティアオ スコータイ トロックナワー』。
店頭でクイッティアオを調理していますが屋台形式ではなく、店内に席を設けています。
壁に描かれたオシャレなイラストを見ると、若い人が営んでいる比較的新しい店かと思いきや…。

IMG_7038 IMG_7037 IMG_7036

「創業して21年です。ずっとここで営業していますよ」

答えてくれたのは店主の男性。
意外(?)にもハットをかぶったオシャレな中年男性でした。
創業当時、共にお店を営んでいた友人がスコータイ出身だったことで、店名にスコータイが冠されたようです。

IMG_7066 IMG_7060

私がオーダーしたのはお店が推すトムヤムのバミー麺。
辛さを控えめにしたバミー トムヤムはクリアーなスープで、比較的にサラッとしたテイスト。
刻まれたトゥア ファックヤオ(いんげんのような野菜)が多めにトッピングされているのが、私好みの高ポイントです。

IMG_7032 IMG_7046

バミー麺にとある秘密が…

私がここのバミーを食べていると麺に異変があることを察知。
よくよく見てみると、細麺と太麺がミックスされている!

IMG_7033
混合麺のバミーは初です。
間違って両方の麺を入れてしまったんだろうか…。

「あえて太麺と細麺をミッスクしているんです」

店主は2つの麺を取り出し、混ぜ始めました。
店主に聞くと、お店のおすすめはバミーヘン(汁なし中華麺)だとか。
作っている行程を見せていたら食欲を刺激されましたが、ぐっと我慢。
最近、食べ過ぎてますから…。

IMG_7054 IMG_7048

用意している麺はセンミー、センレック、センヤイ、バミー、ギアムイー、ウンセン(春雨)。
場所は旧市街地の巨大ブランコ、サオチンチャーの近くです。
この辺りはまだまだ開拓すべき旨い店が多いので、ここ数日は旧市街地の店を取り上げることが多くなると思います!

【SHOP DATA】
「クイッティアオ スコータイ トロックナワー(ก๋วยเตี๋ยวสุโขทัย ตรอกนาวา )」
TEL:02-622-2419,081-564-1497
OPEN:6:00-14:00 (日曜日休み)
ADDRESS:Bamrung Muang Road (Lane, Navarre Giant Swing) swing, the capital, Bangkok.
PRICE:クイッティアオ・トムヤム40B、大盛り45B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
    • By 激旨!タイ食堂

      クイッティアオ・スコータイ自体を初めていただきました。
      おすすめしていただいたお店にも足を運んでみます。
      いつも情報ありがとうございます。

  1. ナイウアンの向かいにクイッティアオ・スコータイのお店があったんですね。
    全然気が付きませんでした。

    プラスメン砦北のサムセン・ソイ1(ソイ・ランプー)にもクイッティアオ・スコータイを出すお店がありますよ。

    • By 激旨!タイ食堂

      来客が多かったので気付きましたが、最初はまったくノーマークでした。
      サムセン・ソイ1のクイッティアオ・スコータイも気になります!

  2. 太麺細麺のミックスに気づくなんて凄いですね。
    僕なら麺が足りなかったから混ぜたのかなと思ってしまいます^^;
    それにしても数十バーツのクイッティアオに混合麺を入れてくるなんて、職人魂を見た気がします。

    • By 激旨!タイ食堂

      ミックス麺は初めてでした。
      ブログの記事にしていなければ、私も「麺が足りなかったのかな」という感想で食べ終えていたかもですw

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top