[料理名]クイッティアオ(タイラーメン)

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

タリンチャン水上マーケット前で20年以上
牛肉のクイッティアオ食堂

タリンチャン水上マーケット前で20年以上牛肉のクイッティアオ食堂

バンコクから日帰りで行ける水上マーケットで有名なのは、アンパワーやダムヌンアサドゥアック水上マーケットの2つではないでしょうか。
ただ、この2つは日帰りで行けるとはいえ、バンコク都内ではありません。
バンコク都内で中心部からもっとも近く、名の知られた水上市場といえばタリンチャン水上マーケット(Taling Chan Floating Market)でしょう。
アソークあたりからタクシーで向かったとしても、300バーツ出せばお釣りが返ってくると思います。 旅行者にとっては至便な水上マーケットですが、アンパワーなどの有名どころに比べると規模がかなり小さく、アンパワーほどの規模を想像して訪れたなら「ガッカリ感」もしくは「騙された感」に苛まれますので、その辺りは覚悟して来訪したほうがよろしいでしょう。
タリンチャン水上マーケットについてはTRIPULLの記事で紹介しています。

 

さて、本記事で紹介するのはタリンチャン水上マーケット内の店ではなく、出入り口の近く、三叉路の交差点で営業するクイッティアオ食堂です。

旨い雰囲気がむんむん放出されている『タリンチャンロッドテッド』

タリンチャン水上マーケットを後にすると数十メートルでこの三叉路に到達するわけですが、角地にあった食堂を何の気なしに覗いてみると、クイッティアオの麺を湯がいている初老の男性に目が留まりました。
いい雰囲気をまとっている。
男性の姿や雰囲気から察するに、きっと旨い店なんだろう。
前情報なんて一切なくそう感じた私は、このクイッティアオ食堂に入ってみました。
すぐに席へ行かずに、まずは麺を湯がいている所で一通りチェック。
具材を見ると牛肉や内臓が並んでいる。

「全部入れてねー。麺はセンレックで」

私はオーダーを終えるとテーブル席へと着き、店内を眺めてみました。
壁の隅っこに目をやると、日本語で何かが書かれた小汚い紙が貼られている。
何が書いてあるのかと近づいてみたら、ネット上で掲載された店のレビューをプリントしたものでした。

美味しいんですわ
とっても
凄んごく
ビックリする位!

貼ってからきっと何年も経過したのでしょう。紙は劣化し、使用しているセロハンテープも黒ずんでいる。
文章自体は凡庸で豊富な語彙が使われているわけではないですが、ストレートかつダイレクトに気持ちが述べられていて、食べた時に受けた衝撃が十分伝わってきます。
よっぽど感動したんだろうなぁ。

私が提案する牛肉クイッティアオの食し方

さきほどの張り紙を撮っているとクイッティアオが運ばれてきました。
牛の各部位が入ったクイッティアオ・センレックです。
美しいスープや丼から放たれる雰囲気から、食べずとも旨いだろうと察知させてくれます。
スープを一口。
若い男性が調味料を持ってきてくれましたが、スープにはほどよいコクと深みがありこのままで十分。
調味料をスープに入れることはしませんでしたが、この調味料を小皿で混ぜ合わせ牛肉を付けて食べると旨い!この食べ方は、モーファイ鍋に習ったものです。
タイ人がこのように牛肉のクイッティアオを食するのかどうかは分かりませんし、私自身初めて試みた方法でしたが、イケます!

『タリンチャンロッドテッド』の味は代々引き継がれていく

「うちは創業して20年以上。あの張り紙? 日本人客が持ってきてくれたんだ」張り紙のことを教えてくれたのは店主のウィタヤーさん。
プリントアウトしてわざわざタリンチャン水上マーケットまで持ってきてくれたのだから、よほど感動したのでしょう。
『タリンチャンロッドテッド』を切り盛りしているのはウィタヤーさんと、彼の息子2人です。
こんなにも若い2人が継いでくれる『タリンチャンロッドテッド』。
これからも水上マーケットへ訪れる人々の味覚を喜ばせ、日本人旅行者を感動させたように、世界各地で絶賛レビューが書き込まれるでしょう。

【SHOP DATA】
「タリンチャンロッドテッド(ตลิ่งชันรสเด็ด)」
TEL:02-434-1525
OPEN:7:00-15:00(火曜日休み)
ADDRESS:Chim phli Rd, Khwaeng Khlong Chak Phra, Khet Taling Chan, Krung Thep Maha Nakhon 10170
PRICE:牛肉全部入れクイッティアオ65B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)

日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 田井潜水

    壁に貼られた小汚いレビュー、何だか何処かで見たこと有るなーと思ったら、数年前に私が書いたブログ記事でビックリしました。https://ameblo.jp/maruthai/entry-10470609629.html
    誰がお店に持って行ったのかは知りませんが、こんな使われ方も有るんですね。

    • By 西尾 康晴

      私はてっきりご本人が書いたものをプリントアウトして持参したのかと思っていました。
      まったくご存知ない方だったんですね。
      記事拝見いたしました。
      7年前でしたね。
      田井さんが書かれていたように、この店のクイッティアオ・ヌアは絶品でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top