[その他]激旨ツアー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【終了】10/29 絶壁のそばを通る「アルヒル桟道橋」&クウェー川を眺めながらタイ料理ランチ

【終了】10/29 絶壁のそばを通る「アルヒル桟道橋」&クウェー川を眺めながらタイ料理ランチ

バンコクから車で約3時間ほどの距離に広がる、タイ中部のカンチャナブリー県。
タイ国内で3番目の県面積を誇っているだけに、エラワンの滝やサイヨーク国立公園といった雄大な自然をはじめ、複雑な歴史を孕む泰緬鉄道など、名所と言われる観光スポットが豊富です。
前述したものは一部で、その他にも大なり小なり幾つもあるのがカンチャナブリー県の魅力でしょう。
今回企画したツアーは、このカンチャナブリー県が舞台です!

カンチャナブリー県の見どころ「アルヒル桟道橋」とは

ツアーでまず訪れるのは、泰緬鉄道のタムクラセー駅です。
絶壁すれすれの木製の高架橋「アルヒル桟道橋」は、泰緬鉄道の中で最大の見どころとも言われています。
線路が敷設されているのは岸壁から1メートルも離れておらず、眼下には山間を流れるクウェー川。
歩きながら雄大な山々の風景を眺めることができます。
列車は桟道橋に差し掛かると、安全確保のため時速5kmまで減速するそうです。
本ツアーではタムクラセー駅発着のタイミングに合わせ、列車が通過する様子も見学できるようツアーを組んでいます。

駐車場からタムクラセー駅までは商店が連なっています

列車が近くまで来ると分かるのと、この辺りまで来ると時速5kmまで落とすので、安心して鉄橋を歩いて行けます

線路から眺めるクウェー川

岸壁に沿って走る線路の建設は、かなりの苦労が強いられたようです

線路沿いに小さな洞窟があり、黄金の仏像が祀られています

クウェー川を眺めながらタイ料理ランチ

アルヒル桟道橋を見学したあとは、クウェー川鉄橋から約6kmほどの場所にあるタイ料理レストラン『クルーア チュックドン』でランチタイム。
以前紹介したことがあるこのタイ料理店は、店内からクウェー川が眺められ、川から流れる涼風を感じつつ食事が楽しめます。
こちらのレストランでは、川魚を鉄板で炒めたプラーカン パッチャー(ปลาคังผัดฉ่า)、タイ南部料理のクアクリン グラドゥークオーン(คั่วกลิ้งกระดูกอ่อน)、ぷりぷりのエビとレモングラスを使った和え物ヤムタクラーイ クンソッド(ยำตะไคร้กุ้งสด)など全4品を楽しんでいただきます。
ビールなどのお飲み物は飲み放題です!

クウェー川を眺めながらランチをいただきます

タイ南部料理のクアクリン グラドゥークオーン(คั่วกลิ้งกระดูกอ่อน)。かなりスパイシーです

脂の乗った川魚を炒めたプラーカン パッチャー(ปลาคังผัดฉ่า)

ランチの後はクウェー川鉄橋へ

ツアーの最後に訪れるのは、名所「クウェー川鉄橋」。
1943年に完成したこの鉄橋は、過酷な労働により建設中多くの人々が亡くなったことから、英語で「Death Railway」(死の鉄道)とも呼ばれています。
鉄橋の上は歩いて見学することが許されているため、鉄橋上からのクウェー川は眺めていただきたい風景です。

世界各国から観光客が集まるクウェー橋鉄橋

クウェー橋鉄橋からの眺めです

ツアースケジュールや料金などの詳細

本ツアーのスケジュールは以下となっています。

7:30 集合&出発
11:30 アルヒル桟道橋を見学(1時間)
13:30 『クルーア チュックドン』でランチ(1時間30分)
15:00 クウェー川鉄橋見学(30分)
15:30 クウェー川鉄橋出発
19:00 アソーク到着

【日程】
2017年10月29日(日曜日)

【ツアー料金】
大人:2,200THB/6,800円
子供:1,100THB/3,500円(2歳-11歳)、乳幼児(0歳-1歳)は無料
料金に含まれているのは、バンコクからカンチャナブリー県までの往復交通費。 タイ料理店『クルーア チュックドン』での飲食代とアルコール代です。

※お支払いは銀行振込かクレジットカードをお選びいただけます。

【最小催行人数】
5名

【待ち合わせ場所・地図】
BTSアソーク駅1番出口の階段を降りてすぐの場所にある、The Westin Grande Sukhumvit Bangkokロビーです。

ツアーお申し込みページ

私、けっこう高所が苦手でして、アルヒル桟道橋を歩いていたら曇天だったにもかかわらず汗でびっしょりになってしまいました(笑)
そんな私でも往復できたので、高所が苦手という方は私と一緒に渡りましょう!
お申込みは弊社「TRIPULL」のサイトよりお願いいたします。





 

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top