[その他]お知らせ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

タイの魅力をもっと伝えたい
タイ国内旅行メディアTRIPULLを立ち上げました

タイの魅力をもっと伝えたいタイ国内旅行メディアTRIPULLを立ち上げました

2015年6月に【激旨!タイ食堂】を立ち上げてから2年強。
本サイトは「バンコク発タイ料理店情報サイト」として運営してきましたので、タイ料理店以外のことを書くことはほとんどなく、一貫して店舗紹介記事を掲載してきました。
情報サイトとして運営してきた「激旨!タイ食堂」ですが本日はタイ料理店の記事ではなく、私が立ち上げたTRIPULLというサイトを紹介させてください。

タイ国内ツアー会社の設立

お会いした方々にはお話ししておりましたが、2017年1月末日、バンコクで6年弱勤めていた会社を退職しました。
勤めていた会社での仕事は、タイへ移住するきっかけを与えてくれた「Gダイアリー」という雑誌の編集業務です。
2011年に入社し、2013年にはGダイアリーの編集長へ就任。
責任ある立場で仕事をさせてもらいましたが、編集長として働いたのは2016年の9月までです。
1999年に創刊し17年間も発刊してきた雑誌でしたが、私の決断により2016年9月15日発売号を持って休刊したことが理由です。
休刊後の私は、先に触れたように休刊4ヶ月後の2017年1月に同社を退職。
2017年4月、タイ国内ツアーを扱うTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.の設立に至りました。

タイ旅行メディアTRIPULLの運営スタート

会社を設立した直後、私が着手したのが旅行WebメディアTRIPULLの制作発注です。
TRIPULLの役割は、「激旨!タイ食堂」で定期的に開催しているグルメツアーや、私が企画したタイ国内ツアーを紹介することがメイン。
そのほか、旅行メディアとして情報を発信することも副次的に機能させ、「激旨!タイ食堂」だけでは伝えきれないタイの魅力をお届けすることが目的です。

「激旨!タイ食堂」で催行するものも含め、私が企画したツアーはすべてTRIPULLで発信していきます。
Webサイトは先日公開したばかりで不十分なものではありますが、2017年の年末までツアーを組みましたのでチェックしてみてください。

またWebサイト公開に併せ、FacebookやInstagram、Twitterも運営しています。
ツアー情報はもちろん、タイの旅やタイに関する情報を随時発信していますので、フォローしてくだされば何かしらお役に立つと思います!

TRIPULL

現在掲載しているのは「激旨!タイ食堂」で企画しているグルメツアーだけですが、今後は大手旅行会社では取り扱わない場所へのツアーや、各種テーマを掲げて催行するものなどを紹介していく予定です。
ツアー紹介をメインとしつつ、タイ国内旅行を充実させるための情報をBlogで発信していきます。

 

Facebook

公式Facebookを立ち上げました。
Webサイトでは掲載しきれなかった情報や動画、写真などを投稿し、細やかにタイの魅力を伝えていきます。

 

Twitter

Twitterではリアルタイムでの情報発信を含め、ツアー紹介、Blog更新記事などを配信。

 

Instagram

これまで撮影してきたタイ各地の写真や動画のほか、新たに訪れた土地の写真も随時アップしています。

 

「激旨!タイ食堂」と共にTRIPULLもよろしくお願いします

公開したばかりで、閲覧してくださった方の目には未熟な点が多く映るかと思います。
ご覧になった方々に満足してもらえるよう、タイをもっと楽しんでもらえる情報をバシバシと発信していきますので、「激旨!タイ食堂」と共にTRIPULLもよろしくお願いします!
1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top