[エリア]ヤワラー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ヤワラートで見つけた
貝しか食わせないソイテキサスの屋台

ヤワラートで見つけた貝しか食わせないソイテキサスの屋台

私は貝類が非常に好きで、牡蠣やホイクレーンなんかを与えておけば不平不満を言わず黙々と食べていると思います。
唯一要望を申し上げるとしたら、ビールをいただきたい、という一言ぐらいでしょうか。

そんな貝男が今回ターゲットにしたのは、ヤワラーのとある屋台。
以前からココを通る度に店を見かけていたので存在は知っていました。
屋台のど真ん中にどーんと盛られているのは貝のみ!
客が黙々と食っているのも貝のみ!

非常に変わった屋台で、しかも私が見かけるたびに満席で、空席を待つ客が周囲を囲んでいることもありました。

IMG_1003

貝男としては飛びつきたくなる案件なのに、なぜいままで来店しなかったのか。
この店で貝を食べている客を見て気付いたことが1点。
ビールがない!
私が貝を食べるときの唯一の要望であるビールがメニューになく、かといって貝以外のメニューがあるわけでもなく、貝だけを食い続けなければなりません。
ビールなしで耐えられるか…。
私が危惧していた重要項目です。

[スポンサーリンク]

1つ1つ手で開かれていく貝たち

「ビールなしで貝を食いまくろう」
そう意を決した私はヤワラーへと足を運びました。
場所はヤワラー通りからソイテキサスという小道に入って50メートルほどの左手。
ソイテキサスの入口といえば、毎夜怒濤の客入りで盛況な『T&Kシーフード』が立地している場所です。
ピークタイム(19時ごろ)の人ごみは壮絶極まりありません!

IMG_1007
屋台で営業していることもあり店舗のシーフード屋よりかは安く、しかもこの人ごみの中で食べるのがタイらしさがあっていいのでしょう。
あまりにも有名ですから、ブログではこの程度の紹介だけにしておきます。

私が今から向かうのもシーフード屋台に変わりはありません。
違いといえば圧倒的なメニュー数の差ぐらいでしょう。
来店するとこちらも負けじとほぼ満席。
タイミングよくカウンター席が空いたのは神の思し召しではないでしょうか。
目の前には堆く盛られている貝!貝!貝!

IMG_0986

この貝はタイのシーフードレストランのメニューでもよく載っているホイクレーンという赤貝の一種。
他シーフード店と決定的に違うのは、1つ1つ手で開いたものを食べさせてくれる点です。
他店だと閉じている貝を自分で開かなければならず、すべて開いたホイクレーンが食べられるのはここだけじゃないでしょうか。

IMG_0989 IMG_0992

1日に30kgもの貝が売り切れる!

さすが貝専門店だけあり茹で加減が抜群で身がぷりぷり。
ホイクレーン盛りは一皿で100バーツです。
貝しか食わせないこの屋台では、もう一品の貝メニューがあるんです。
ホイメンプーというムール貝に似た貝。
ムール貝ではないようですが、外装はムール貝。
ムール貝に認定してあげてもいいんじゃないでしょうか。
これも一皿100バーツです。

IMG_0997

貝だけしかない屋台はタイでも珍しく、日本のフリーペーパーの取材に来たようです。

IMG_0995

ホイクレーンを開く作業を、手を止めることなく続けるのはこの店の店主ゴンさんです。

「オープンして40年になります。積まれた貝の重さですか? 30キロありますよ」

IMG_0999

30キロ!
しかも30キロのホイクレーンは1日ですべて売れてしまうそうです。
毎日30キロの貝を延々と開ける仕事を何年も続けていたら、ふだん貝を食べなくなりそうだな…。

創業したのはゴンさんのお母さんで、いまでもお店を手伝っています。

メニューにビールがありませんが、きっと持ち込むことは出来るんでしょう。
客が怒濤のように来店し、待っている客で囲まれている中、ビールをのんびり飲みながら優雅に貝を食べる。
そんな図太さは私にはありません…。

IMG_1003

【SHOP DATA】
「パーチン ホイクレーン ルアック(ป้าจิน หอยแครงลวก)」
TEL:081-795-1839
OPEN:19:00-1:00(月曜日休み)
ADDRESS:Yaowarat Soi 2 (Soi TX) little market, Samphanthawong, Bangkok 10100.
PRICE:ホイクレーン100B、ホイメンプー100B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. またマニアックな^^;
    ビールは持ち込みで(笑

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top