[エリア]ヤワラー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ヤワラー周辺では珍しいガイヤーン&イサーン料理屋

ヤワラー周辺では珍しいガイヤーン&イサーン料理屋

バンコクが記録的なまでの涼しさで、最低気温が16度まで下がったのだとか。
日本国内は奄美大島でも雪が降る大寒波に襲われているところ、16度なんて屁のカッパではありますがこっちに住んでいるとほんと寒いっ!
いままでのタイ生活でもっとも寒いと感じた昨日でした。

出かける時に上着を着る習慣がないもんだから、いつものような服装でバイクに乗ったら寒い寒い寒い!
冷えきった体を温めるべく、以前から気になっていたヤワラーのガイヤーンの店へ行くことにしました。

[スポンサーリンク]



ガイヤーンのお供はトムセープ!

「なぜ体が冷えたらガイヤーンの店なのか?」
といいますと、火を使って焼いているので暖かそうなイメージがあったんですね。
以前取り上げたオースワンが美味しい『ナイソウ』に来店した際、斜め向かいにあったので気になっていました。
というのもヤワラー界隈でガイヤーンやイサーン料理屋ってほとんど、っていうか一軒も見たことがない。
どこかでは営業しているんでしょうけど、それほど数が少ないっていうことなんでしょう。
珍しいこともあり印象に深く残っていたわけです。

IMG_4033 IMG_4026

来店したのは『ガイバーンプリックタイダム』。
店頭で焼いているガイヤーンにまずは目を奪われてしまいます。
店内はオレンジ色でまとめられ、高い天井で、すっきりとした印象。

IMG_4027 IMG_4029

IMG_4024 IMG_4025

メニューのトップはウリのガイヤーンが掲載され、そのほかソムタムからチムチュムといったイサーン料理の定番メニューがラインナップ。
ガイヤーンはオーダー必須ですので外せません。
もう1品、ふだんならソムタムとカオニャオ(もち米)で決まりですが、冷えきった体にソムタムは厳しい。
かといってチムチュムでもないなぁ。
トムヤムクンでもいいけど、せっかくなら“いつも食べないメニュー”がいい。
私のあらゆるリクエストを叶えたのは、酸味から辛味が効いたトムセープに。
クリアーなスープに豚リブやコラーゲンが入ったクリアスープです。

お店の動画をYouTubeで発見!

ここのガイヤーンは1人前用がなく、一皿180バーツの半羽しかありません。
なので1人ではかなりボリューミー!
ガイヤーンの上には揚げニンニクの他に見たことのない粉末が振りかけられています。
プリック タイ ダムと呼ばれる黒コショウです。
ガイヤーンにまぶされているのは初めて食べましたが、相性ばっちり!

IMG_4022

皮は濃いめの味付けが施されていて、しっとりと焼き上げ、ニンニクの薫りで鼻孔を刺激しつつ舌を喜ばせてくれる一品です。
トムセープには豚のリブ肉やマッシュルーム、そしてコラーゲンなどの具材が入っており、辛味は抑えられすっきりとしたテイスト。
センスを感じます。

IMG_4015

ヤワラー界隈でガイヤーン店を営業しているのは女性オーナー。
容姿を見るときっとご両親は中華系なのではないでしょうか。
撮影させてもらいたいとお願いしたのですが、断られちゃいましたので、YouTubeで見つけた映像でご覧ください。

バンコク在住の日本人が来店することも

「確かにこの辺りにはイサーン料理屋ってないわね。私? イサーン出身じゃないわよ、バンコクっ子」

創業して14年という『ガイバーンプリックタイダム』。
入店したのが18時と比較的早めでしたが、ガイヤーンをお持ち帰りする方も含め続々と来店。
席に座っている方々を見ると、いわゆるハイソな雰囲気のタイ人も散見できます。

「たまに日本人も来るわよ。こっちで働いている人じゃないかしら」

日本人が来店するということなので「激旨!ステッカー」を進展!

「ありがとうね」

そう言ってはくれましたが、どこか引き出しの奥へと収納されてしまいました…。

【SHOP DATA】
「ガイバーンプリックタイダム(ไก่บ้านพริกไทยดำ)」
TEL:02-224-2517,02-623-1921
OPEN:10:30-21:00(第二水曜日休み)
ADDRESS:10-12. Maitrichit Road Bangkok 10100 Thailand
PRICE:ガイヤーン180B、トムセープ100B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. プリックタイダムがたぶん山椒の事なんですね^^
    食べに行きます!!!

    • By 激旨!タイ食堂

      山椒っぽかったんですが黒コショウなんですね。
      これは合いました!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top