[エリア]プラカノン通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

プラカノン通り沿いの小さな屋台で食べられる新鮮な生肉&生レバー

プラカノン通り沿いの小さな屋台で食べられる新鮮な生肉&生レバー

ホーチミンでブログをされている方から連絡がありました。
失礼ながら私は存じなかったのですが、ホーチミンでは有名のようで、女性の方が運営されているブログです。
運営者であるちぇりさんはバンコク旅行の際、「激旨!タイ食堂」を食べ歩きに使ってくださっていたようです。
「バンコクへ来られたときはお食事しましょう」とやり取りしていた矢先、ご主人とのお二人で急きょバンコクへ来られることが決定。
メッセージのやり取りを始めてから数日で、お会いすることになりました。

プラカノン通り沿いにある生肉で有名な屋台へご案内

「ローカルなご飯屋さんへ連れていってください!」
ちぇりさんから私に発せられたリクエストです。
ホーチミンでもローカルなお店を食べ歩いている方だけに、バンコクでもそういったお店で食事をしたいのは当然でしょう。
せっかく案内するなら、サイト上で紹介していない店がいい。
私が選んだのはプラカノン通りを北上、Pridi 43の入り口にある小さなフードコート内にある屋台です。




生レバーや生肉がたった70バーツ!

IMG_2309

駅からは遠く、看板も掲げていない名も無きイサーン料理屋。
この店が日本人の間でも口コミで広がっているのは、新鮮な生肉や生レバーを揃えていることにあります。
場所はフードコートの最奧。
お店を営むのはYodさんです。

IMG_2311

もっとも奥にYodさんの屋台があります

IMG_2305

Yodさんのもとで働く若いタイ人スタッフたち

IMG_2300

イサーン料理も旨い!

IMG_2303

お店を営むYodさん。気さくな方なので来店したら話しかけてみてください

旨いのは生肉や生レバーだけじゃなかった

「以前は日本料理店で働いていたんです」
モロッコで1年、ヨーロッパで3年、トルコで3年もの間、日本料理店を渡り歩き修行したというYodさん。
簡単な会話なら日本語で話せる語学力を持っています。
料理の腕前も確かで、彼が選び調理する生レバーや生肉などは、新鮮で臭みもまったくなく、旨い!

IMG_2276

マグロのような牛の生肉

IMG_2283

この量で生レバーが70バーツです!

旨いだけなら高いお金を払えば日本人経営の焼肉店で食べられますが、Yodさんのお店は生レバや牛肉の刺身は一皿70バーツと破格値!
ローカル価格でこれだけの料理を提供しているのだから、日本人が噂を聞きつけ、アクセスが悪いこの店まで来店するのも頷ける。
生肉などだけではなく、エビやサーモンの刺身もあり、サーモンにいたっては刺身のほかゴイ・サーモン、ヤム・サーモンなど、タイ料理に仕上げたものや、もつ焼きや豚のおっぱい焼きのノムヤーンまで揃えています。
驚いたのはエビの刺身。
4人の日本人全員が「旨い!」との感想で満場一致!
生エビを使ったタイ料理でクンチェーナンプラーが有名ですが、そのエビとは格段に異なった、日本の寿司屋で出てくるような、新鮮かつ丁寧に下ごしらえされた刺身です。
ノムヤーンはイサーン料理ですが、そこらのイサーン料理店で見かける機会が少ないので、あればオーダー必須の一品。
柔らかいだけではなく、独特の歯応えは私をしっかり虜にしています。

IMG_2289

新鮮なものが入荷しなければ無いこともあるようです

IMG_2293

サーモンを使ったゴイ

IMG_2294

豚のおっぱい焼き、ノムヤーン

IMG_2298

IMG_2307

サーモンだけで4種のメニュー

「何を食べても美味しいのでめっちゃ感動です!」
生肉大好きというちぇりさん、大喜び!
ローカル食が大好きな彼女だけに、中途半端なお店にはアテンドできまいと、生肉屋台へとお連れしたのですが、これほど喜んでもらえればアテンド冥利に尽きます。
私がホーチミンへ訪れたときは、とっておきのお店へ案内してくれるというので、次回の訪越が楽しみで仕方ない!

【SHOP DATA】
「Yodさんのイサーン料理屋」
TEL:091-206-0005
OPEN:19:00-4:30(月に2日不定休)
PRICE:生レバー70B、牛肉の刺身70B、エビの刺身120B、ゴイ・サーモン120B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 11 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この日は本当にお世話になりましたー!
    いやーっ、ホントに美味しかった!
    未だに時々フラッシュバックしては涎垂らしてます( ̄¬ ̄)

    そして私のブログの紹介までしてくださってありがとうございますっ。
    おって私もこのお店のレポをしているところなのですが、激旨!タイ食堂さんの
    ご紹介に力が入り過ぎて、それだけで1回分の記事を使ってしまいました(笑)
    こちらのお店の紹介は明日公開の予定ですっ( ・`ω・´)b

    • By 激旨!タイ食堂

      先日はお会いできて楽しい時間を過ごせました。
      ちぇりさんの記事、楽しみにしています!
      ホーチミンへ行く時はよろしくお願いします!!

  2. このお店の記事を待ってました^^
    誰がこんな奥地で、さらにフードコートの最奥のお店を見つけたのかわかりませんが、発見した人に表彰状を送りたいです(笑)

    Yodさんのお店は安いですが、盛り付けが綺麗で食欲を誘いますよね。
    エビは食べたことないですが、ぷりぷりの肉厚でとても美味しそうです。
    次回は絶対食べます!

    • By 激旨!タイ食堂

      盛り付けなど、日本料理店で腕を振るわれていた経験が表れていますね。
      エビが入荷しているようなら必食です!

  3. 今日パカノンの友人と会うことになったので、このブログを読んで早速行ってみました。
    さすがに初めての屋台で生肉は、遠慮して豚の心臓の軽く火を通したのと、チュムチュムとあとキュウリのサラダをいただきました。お肉は火加減がほど良く、とても柔らかくチュムチュムの出汁も美味しかったです。
    ビールも二本頼んで、さて会計は安くて7,8百バーツと思っていたところ、驚きの550バーツでした。
    極めつけは、最後にお礼として握手を求めたところ、手を握り返さずに手首を差し出したことでした。
    この店なら、生肉も大丈夫でしょう。
    次は生レバーを注文します。

    • By 激旨!タイ食堂

      かなり多くの日本人が来店しているようですが、この店でお腹を壊したという方は聞いたことがありません。
      だからといってもちろんゼロリスクではありませんが、そこらの屋台よりしっかりした食品管理をしていると思っています。

  4. はじめまして。EastPattaya在住のTaroと申します。日夜タイの食記事の執筆ご苦労様です。
    素朴な疑問があるので、もし誰か知っていたら是非教えていただけると嬉しいのですが、
    この店自体の高度な食品管理は理解できるのですが、日本の様に生食品を食べる国ではないタイで、生産から流通、保存までの過程で生肉を衛生的に管理する機能というのはあるのでしょうか?
    目の前の食品が衛生的に扱つかわれていても、そこにたどり着くまでの衛生管理に疑問があり、タイでの生肉には手をさせない状態でいます。

    • By 激旨!タイ食堂

      タイ料理でもゴイ・ヌアといった牛の生肉料理は存在します。
      まったく無いわけではありません。
      私は流通面などには疎いですが、バンコクの日本食店でも生レバーや生肉などを置いている店はあります。

  5. By satoshi matsui

    先日、実際に行ってきました。自分もタイに住んで長いのでイサーン料理は色々行っております。生ものは新鮮でとてもおいしかったです。ムーヤーンやヌアヤーンは硬くて筋っぽく食べられた物じゃありませんでした。ジムジュムも他の店の方が断然おいしかったです。生物だけを食べに行くならよういかも。

    • By 激旨!タイ食堂

      ノムヤーン(豚おっぱい焼き)は美味しかったですよ。

  6. この店も素晴らしいなぁ
    いい店いっぱい出てきますね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top