BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

シーロム|侮っていたけれど意外と旨いチェーン展開するイサーン料理店Yum Saap

シーロム|侮っていたけれど意外と旨いチェーン展開するイサーン料理店Yum Saap

日本に住んでいたころから、チェーン展開している飲食店や居酒屋が苦手で、例えば『つぼ八』だとか『やよい軒』といったどこにでもあるような店に喜んで行くことはなく、行くときといえば誰かのお付き合いや、近隣にトイレットが見当たらず泣く泣く入店した、というシチュエーションがほとんど。

タイに来てからもそれは変わらず、『MK』『8番ラーメン』は旨いんだけど自ら率先して行くことはありません。
毛嫌いしているわけではなく、
「どこにでもあるし、いま食べなくてもいいだろう」
という理由なんだろうと思っているんですが。

おすすめしてもらった『Yum Saap』

私が滅多に行かない店舗の中に、今回紹介する『Yum Saap(ヤムセープ)』も入っています。
『Yum Saap』バンコクでチェーン展開し、どこかしこのモールなどに入居しているイサーン料理店。
ここを取り上げるキッカケとなったのは、シーロムのソムタム屋『Hai ソムタムコンベント』を紹介した記事内で取り上げたメニュー、ラープママーガイでした。
こんなB級メニューは他では食べたことない、と書いたところ、イヌグラファーである渡辺のり子女史から
「『Yum Saap』にはきっとあったはず。あの店は意外と美味しい」とアドバイスいただいたことが始まりです。

Yum Saapシーロム店への行き方

最寄り駅はMRTシーロム駅かBTSサラデーン駅のどちらか。
BTSサラデーン駅からの行き方は、駅と直結しているシーロムコンプレックス側の出口階段を降りて100メートルほど歩いた場所、シーロムコンプレックスのすぐ傍に立地しています。

IMG_9276

[スポンサーリンク]



タイに5年在住している期間で『Yum Saap』に来店したことがあるのはたった一回。
私が来店したのはシーロム店ですが、意識していないだけであちこちで見かけるような気がします。
公式ウェブサイトを閲覧してみると、支店として紹介されているのは12店舗。
http://www.yumsaap.co.th/branches.php
しかし渡辺のり子女史いわく、これは更新されていないだけでもっとたくさんあるはず、とのこと。
着実にバンコクで勢力を伸ばし、イサーン料理店業界で最大グループに化けようと目論んでいるのかもしれません。

私が前回、シーロムの『Yum Saap』に来店したのはおよそ3年前。
しかも自分の意志ではなく、当時の上司に連れられるまま行ったので、何を食べたのかすら覚えていない体たらくです。

『YumSaap』は美味しいと評判なんですが、ここの看板がどう見ても安っぽく見えてしまう。
なんだろうか、この安っぽさは。
安さがウリだから高級感を出す必要はないのですが、なんだかなぁ。

IMG_9273

Yum Saapでいただいた4品

まぁ、看板のことはヨシとして入店してみましょう。
シーロムの『Yum Saap』はとにかく店内が狭い。一階なんて厨房とキャッシャーのカウンターで三分の一を占めていて、テーブル席が2つしかないですし。
その代わりに、上階へぐんぐん伸びており4階まで席があるそうです。私は一階席ではなく2階席の一角を陣取りました。

IMG_9278
メニューを見ると渡辺女史がおっしゃっていたラープママーガイもある!

しかしここではあえて注文せず、以下4品をオーダーしました。(料理名の頭に記載している番号はメニューに載っていた番号です)

027 ママーパットキーマオ(มาม่าผัดขี้เมา)

IMG_9265 IMG_9267

直訳すると「インスタント麺の酔っ払い焼そば」。
ママーのガパオ炒めなんですが、なぜかこのネーミングが通称となっているようです。
チクワがぽろんと乗っかっていたりと、B級感が私好み!

044 ソムタムガピ グンソッ(ส้มตำกะปิกุ้งสด)

IMG_9271

「ガピ」はエビを塩漬けにしてペースト状にしたもの。
これとエビをあえたソムタムですが、他ではあまり見ない珍しいソムタムです。

048 タムムアソンクルアン(ตำมั่วทรงเครื่อง)

IMG_9292

「タムムア」は”お任せソムタム”といった意味で「ソンクルアン」は”たくさん”というタイ語なのだとか。

095 カオクルガピ+鶏のスープ(ข้าวคลุกกะปิ+น้ำแกงไก่ตุ๋นฝัก)

IMG_9283

ガピで炒めたご飯に各種野菜などをそえたご飯もの。
鶏のスープ付きです。

屋台などで食べるよりはお値段は少々高めですが、メニューのどれも旨い!
チェーン店というだけで敬遠していてごめんなさい。
思わず謝罪を申したくなる料理のレベルです。
これらと共にビールが飲めれば言うことないんですが…。
(『Yum Saap』にはアルコール類はありません)

【SHOP DATA】
「Yum Saap」
TEL:02-632-1636
OPEN:11:00-21:00
ADDRESS:177 near Silom Complex Silom Road, Bangkok 10500.
PRICE:ママーパットキーマオ95B、ソムタムガピグンソッ79B、カオクルガピ+鶏のスープ99B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 絶対ビールないから一回しか行ってないんですよwww
    かくいう僕も一回しかお邪魔したことがなく、タイ料理+アルコール飲料で一つの料理だと思っています(笑)
    ここビール持ち込み可なんですかね?

    • By 激旨!タイ食堂

      確認してませんが、持ち込みは難しいんじゃないですかね。

  2. By NISHIKATA HIROKO

    ド モール バーンカピ内の店舗で今夜夕飯
    ビールが無いことを知っておくべきだった

  3. はじめて投稿させていただきます。ホーチミンで食などに関するウェブマガジンを運営しております室井と申します。
    昨日、久々のタイ旅行でしたが大変参考になり、本記事の料理がとても美味しかったです!(見た目はタイプではなかったのですが味はとても美味しかったです!)
    質も量を当方のものより比べ物にならないくらい素晴らしく良い感銘も受けました(^^)

    タイ旅行の際は是非ライターの大先輩ということでご挨拶させて頂きたいです。
    またホーチミンへご旅行の際は魅力をお伝え致したくお気軽にご連絡頂ければ大変嬉しいです。

    • By 西尾 康晴

      はじめまして。
      弊サイトがタイ旅行でお役に立てて何よりです。
      次回ホーチミンへ伺う際は、運営されているサイトを参考にさせていただきますね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top