[その他]激旨ツアー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【終了】8/13(月)蛍がきらめく川をボートで遊覧 アンパワー水上マーケットやメークロン線路市場も巡ります。

【終了】8/13(月)蛍がきらめく川をボートで遊覧 アンパワー水上マーケットやメークロン線路市場も巡ります。

お盆休み真っ最中の8月13日(月曜日)に激ウマツアーを企画しました。
アンパワー水上マーケットやメークロンの線路市場に加え、本ツアーではメークロン川に生息する蛍を観賞しに行きます!

タイ人が多く訪れる名物水上市場『アンパワー水上マーケット』

アンパワー水上マーケット(ตลาดน้ำยามเย็นอัมพวา)は、旅行者だけではなくタイ人からも人気が高い水上市場です。
メークロン川の両岸に肩を寄せ合うように並ぶのは、お土産、アクセサリー、衣料品、100バーツの腕時計、食器といった品々を売る店や、河口が近いこともあり海鮮類が食べられる飯屋、お洒落なカフェ、ぶっかけ飯屋、クイッティアオ屋といった飲食店など。
昔ながらのお店から、最近オープンしたオシャレなカフェまで揃い、見ごたえのある水上マーケットです。

列車が通過するたびに市場が閉店『メークロン線路市場』

メークロン線のメークロン駅すぐの線路脇で、所狭しと露店を並べ魚介類や野菜、乾物などを売っているメークロン市場。
線路脇で軒を連ねる露店は列車が通るたびに傘をたたむことから、別称「傘たたみ市場」とも呼ばれています。
列車が近づいてくると手早くお店を片付けて、通り過ぎると商品を並べてなにごともなかったかのように再オープン。
この様子はタイ国内でもメークロンでしか見ることのできない光景です。
ここ数年、メークロン市場へ訪れる旅行者が増えてきているため、露店がたたむ様子や、列車通過を良いロケーションで撮影するなら、あらかじめ撮影場所を確保しておくことが重要です!

メークロン川沿いのレストラン『CHALSAMRAN AMPHAWA』

アンパワー水上マーケットから歩いて数分。
メークロン川の畔にあるタイ料理店『CHALSAMRAN AMPHAWA』で夕食をいただきます。
こちらのレストランは、エビやイカといった海鮮類のタイ料理が美味しく、メークロン川を眺めながら食事できるとあり、人気のタイ料理店です。

アンパワー水上マーケットから徒歩5分ほどです

カニの身とココナッツのディップで生野菜をいただく『ロンプー』

プラトゥーをカレー風味に仕上げた『プラトゥーチューチー』

イカをガピで炒めた『プラームックパットガピ』

レストランからボートに乗船して蛍クルーズへ

食事が終わったら、ボートへ乗り込み蛍クルーズへ。
『CHALSAMRAN AMPHAWA』から直接ボートに乗船できるので、お店から移動することなく蛍クルーズへ出発できます。
メークロン川に生息する蛍は雨季になると増えるそうで、8月から10月にかけてがもっとも多い時季だと言われています。
陽が落ち、暗闇に包まれたメークロン川の畔で明滅する蛍の淡い光。
儚い命の煌めきは、感動を覚える光景です。

メークロン川の畔に立地しているので、移動することなくボートに乗船できます

ツアースケジュールや詳細

ツアーのタイムスケジュールや料金は以下をご覧ください。

12:30 The Westin Grande Sukhumvit Bangkok 集合・出発
14:00 メークロン線路市場到着・見学
14:45 メークロン線路市場出発
15:15 アンパワー水上市場到着・見学
16:45 アンパワー水上市場から徒歩で移動
17:00 『CHALSAMRAN AMPHAWA』でお食事
18:30  蛍クルーズへ出発
19:30 クルーズ終了・バンコクへ向けて出発
21:30 The Westin Grande Sukhumvit Bangkok到着・解散

【ツアー料金】
大人:2,600バーツ
子供:1,300バーツ(2歳〜11歳)

<<料金に含まれるもの>>
* 現地までの往復交通費
* 『CHALSAMRAN AMPHAWA』でのお食事代(ビールやソフトドリンク込み)
* 蛍クルーズのボート代金

お申し込みは以下TRIPULLのウェブサイトにて受け付けております。

8/13(月) 蛍がきらめく川をボートで遊覧 アンパワー水上マーケットとメークロン線路市場も巡る半日ツアー

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top