[料理名]クイッティアオ(タイラーメン)

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコクでここより美味しいルークチンプラーがあるなら教えてほしい|ヤワラート【ウンペンチュンルークチンプラー】

バンコクでここより美味しいルークチンプラーがあるなら教えてほしい|ヤワラート【ウンペンチュンルークチンプラー】

『激旨!タイ食堂』で取り上げられる数が少ない料理のひとつに、クイッティアオがあります。
理由は単純明快で、私がふだんクイッティアオをあまり食さないためです。
評判の店であってもスープが化学調味料でがっつり味付けされている店があり、ガッカリさせられることが時折。体に良いとか悪いとか云々の前に、化学調味料どっさりのスープはどれだけ評判が高い店であっても旨いと思えず、クイッティアオ屋の新規開拓から足が遠のいていました。

個人的な志向によりこれまで紹介した店舗数が少ないのですが、ヤワラート(中華街)で営んでいる『ウンペンチュンルークチンプラー』は、本サイトをご覧になっているみなさまにぜひ知ってもらいたいクイッティアオ屋です。

ひさしぶりに紹介するクイッティアオ屋はヤワラートの老舗店

金行やホテル、古びた映画館などが建つヤワラート通り沿い。派手な看板も乱立するこの通りで営業している『ウンペンチュンルークチンプラー』は、ともすれば見過ごしてしまう狭くて地味な外観です。
目印にしてもらいたいのは、店前にどっさりと積まれているルークチンプラー。
私がオーダーした汁なしバミー(バミーヘン)には、これら5種のルークチンがトッピングされています。

山盛りだったルークチンプラーはどんどん減って、閉店する前に品切れになることも

こちらはタロイモを揚げたプアックトート(เผือกทอด)

細長い店内の両側にテーブルが並べられています

5種のルークチンがトッピングされたバミーヘン

バミー麺の旨さもさることながら、驚かされたのがルークチンプラー!
ここのルークチンプラーは、無数にあるバンコクのクイッティアオ屋の中でもトップレベルと言っていいでしょう。
ほんとに旨い。
魚のすり身でこんなに感動した経験は今までなく、私はその後も同店へ足を運び、ギアムイー(短い太麺)やイエンタフォー ヘン(汁なし紅腐乳麺)をいただきました。

化学調味料ひかえめの優しいスープ

ギアムイーを置いているクイッティアオ屋は少数派

汁なしのイエンタフォー。酸味が控えめで私好み

モチモチ感にあふれたセンレック(中麺)

創業80年という超老舗の『ウンペンチュンルークチンプラー』

目立たない店舗だけど、こんなに旨いルークチンを提供しているなら、実は有名店なんじゃなかろうか。

お話を聞かせてくれたのは、受付けに座りお会計を担当している店主の奥さん。ルークチンはすべて自家製で、サワラ、ブリ、ニシンを自らでさばき、自宅にある機械で毎日作っているそうです。
ちなみにバミーは、工場に特注で作ってもらっている麺を使用しているのだとか。
クイッティアオ一杯にかける情熱が尋常ではなく、突き抜けています。

『ウンペンチュンルークチンプラー』のメニュー

クイッティアオ屋のメニューは麺を選ぶ程度ですが、全メニューを掲載しておきます。ギアムイーはお目にかかれる機会が少ない麺種の一つです。

น้ำซุป ถ้วยละ 5 บาท (スープ 5バーツ/椀)

バミー/บะหมี่, センレック/เส้นเล็ก, センヤイ เส้นใหญ่,、ミーカオ/หมี่ขาว, ギアムイー/เกี้ยมอี๋  40/50/60

バミー麺2玉/บะหมี่ 2 ก้อน 60/70/100

プーム ギアオプラー(魚ワンタン増し)/เพิ่ม เกี๊ยวปลา 60/70/100

ガオラオ/เกาเหลา 60/70/100

イエンタフォー/เย็นตาโฟ 60/70/100

ルワック ジム/ลวกจิ้ม, プアック トート/เผือกทอด(一皿)60バーツ

※※※ホーグラップバーン(持ち帰り)/ห่อกลับบ้าน 50/60/70/100

私がこれまで食してきたルークチンプラーの中で、『ウンペンチュンルークチンプラー』は最高でした。この店よりも美味しいと思うルークチンプラーがあれば、ぜひともご一報を!

【SHOP DATA】
「ウンペンチュンルークチンプラー ジャオガオ(マイミーサーカー)(อึ้งเป็งชุง ลูกชิ้นปลาเจ้าเก่า (ไม่มีสาขา))」
TEL:081-732-5955
OPEN:7:00-15:00
ADDRESS:438 Phat Sai, Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100
PRICE:バミーヘン(汁なしバミー)60B、ギアムイー60B、イエンタフォーヘン60B
Facebook:@AungPengChung

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top