西尾 康晴

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
TukTukで巡るローカルグルメツアーを始めました

TukTukで巡るローカルグルメツアーを始めました

タイならではの交通機関といえば、三輪タクシーのトゥクトゥク(TukTuk)。 独特の排気音を響かせながらバンコクを疾駆している姿を見ると、乗ってみたいと思う方も少なくないはず。 そんなTukTukを使ったローカルグルメツアーを始めたのでお知らせいたします! 安全・安心なトゥクトゥクレンタル会社と提携しています 「ボッタ...

シーロムのコンベント通りで30年<br/>真夜中のムーピン屋台

シーロムのコンベント通りで30年
真夜中のムーピン屋台

料理研究家のエダジュンさんとは2016年の訪タイ時に初めてお会いし、それからというもの毎年タイへ来られる度に食事へ行っています。 そして今年。 2019年はつい先日来タイし、4年目となる本年はサムヤーンにある『ソイ6ポーチャナー』へと向かいました。 ここは、私が出演したNHK BS『二度目のバンコク』で紹介した店で、ロ...

1000店舗以上を食べ歩いた<br/>MAE CHOICE運営者サンティ氏<br/>“タイ料理”について語ろうじゃないか

1000店舗以上を食べ歩いた
MAE CHOICE運営者サンティ氏
“タイ料理”について語ろうじゃないか

タナッシー・サワディワット氏(หม่อมราชวงศ์ถนัดศรี สวัสดิวัตน์)が2019年8月27日に永眠した。享年92歳。 タナッシー氏は「緑の丼」の創始者として知られ、バンコクの食堂やレストランで見かける通称「緑の丼マーク」は、彼が広めたものである。 緑の丼の正式名称である「シェル・チュアンチム(เ...

品切れ必至の絶品ガオラオ 6種の牛もつを贅沢に使った優しくて深いスープ

品切れ必至の絶品ガオラオ 6種の牛もつを贅沢に使った優しくて深いスープ

美味い店々が点在し、私が一目置いている通りがございます。いつの日か取り上げますが、チャオプラヤー川を越えたところにあるラートヤー(ลาดหญ้า)という通りです。 ラートヤー通りがあるトンブリー地区は、現王朝のチャクリー王朝(別名:ラタナコーシン王朝)が出来る以前、トンブリー王朝として栄えていた由緒ある地域です。 トン...

チェンマイの雲南ムスリム市場で出会った北タイ麺料理カオフン <br/> 〜チェンマイで根付く雲南系ムスリムたち〜

チェンマイの雲南ムスリム市場で出会った北タイ麺料理カオフン
〜チェンマイで根付く雲南系ムスリムたち〜

「チェンマイに行くなら雲南ムスリム市場へぜひ行ってみてください」 BTSラチャテウィー駅近くのイサーン食堂。数名でタイ料理を囲みつつ談笑をしていると、初対面だった姉妹の2人は目を輝かせながら教えてくれました。 お2人は4traveという旅サイトででマサラとモエいうペンネームでブログを書いており、姉妹で辺境を食べしている...

9種類のタレを持つ串焼き屋台  @シーロム

9種類のタレを持つ串焼き屋台 @シーロム

「うちの店は父親が始めました。もう30年ほどやっています」 そう話してくれたのは、シーロムの一角で営業する串焼き屋台に立つ男性。何種類も並ぶ串を焼いているため立ち上る煙は半端なく、質問する私の顔面に容赦なく襲いかかり、望まなくとも”串焼き臭”をまとっていきます。 BTSサラデーン駅を降り、シーロム通りを西へと歩を進める...

寂れた雰囲気を店の”味”にした 創業50年以上  ヤワラート海南島食堂『ライヘンポーチャナー』

寂れた雰囲気を店の”味”にした 創業50年以上 ヤワラート海南島食堂『ライヘンポーチャナー』

わたくしどもは本サイト『激旨!タイ食堂』で記事を執筆しつつ、YouTubeチャンネルで動画も配信しております。 動画ではカヌンというタイ人女性がローカルタイ料理店を紹介しているのですが、じゃあ私は何をしとるのかといえば、撮影やら編集といった裏方作業です。 動画を定期的に公開し始めたのが2018年2月。ここからおよそ1年...

”タイ中華”を広めた男たち バンコクで21店舗『SEE FAH(シーファー)』の軌跡

”タイ中華”を広めた男たち バンコクで21店舗『SEE FAH(シーファー)』の軌跡

カオマンガイ、クイッティアオ、バミー、カオカームー、パックブンファイデーンetc…。 タイ料理を好まなくとも、耳にしたことがあるタイ料理名もあるだろう。バンコクを歩けばこれらを専門に扱った食堂や屋台は無数にあり、たとえ名も無き屋台であっても、安価で唸るほど旨い飯に出会えるのは珍しいことではない。 冒頭で紹介したタイ料理...

Subscribe / Share

Return Top