料理名

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
要人もご用達の激ウマ老舗タイスキ店『Charoen Thai Suki』

要人もご用達の激ウマ老舗タイスキ店『Charoen Thai Suki』

私は頻繁にチムチュムを食しておりまして、週に2、3度なんて珍しくない。 野菜をたっぷり摂ることができるし、安いし、旨いし、住居周辺にたくさんイサーン料理屋があるわで、男の一人暮らしにとって、とても強い味方なのでございます。 それほど高頻度でチムチュム鍋を食している私ですが、同じ鍋でもタイスキとなると食す機会がかなり減っ...

【衝撃】巨大豚足をクイッティアオの上にトッピング!BTSサパーンタクシン駅近くの食堂

【衝撃】巨大豚足をクイッティアオの上にトッピング!BTSサパーンタクシン駅近くの食堂

辛くなく、日本人でも食べやすいタイ料理のひとつにカームーがあります。 とろとろになるまで煮込んだ豚足のことで、ご飯に乗せた「カオカームー」が一般的です。 屋台や食堂まで、バンコクなら街のいたるところに専門店があり、私が住んでいる近くのタノンチャン18/7には3軒もカオカームー食堂が営業している激戦区。 このサイトで取り...

タイへ来たら必食!カオソーイが旨い14店舗を一挙公開します

タイへ来たら必食!カオソーイが旨い14店舗を一挙公開します

タイトルを見ればお分かりのとおり、今回大々的に取り上げるのはカオソーイです。 ココナッツミルクとカレーを調和させたスープと小麦麺が主役となり、トッピングに鶏肉や牛肉、揚げ麺などを添えた北タイの名物麺料理であることはよく知られています。 北タイ料理の中でも特に人気のある一品で、「バンコクに来たらカオソーイ!」と目をギラギ...

もう1つの『カオソーイチェンマイ』!? 創業50年以上の北タイ食堂

もう1つの『カオソーイチェンマイ』!? 創業50年以上の北タイ食堂

いまさらカオソーイがどういった料理なのか説明する必要はないかもしれませんが、カオソーイとはココナッツミルクを加えたカレー風味のスープに、小麦麺を使った北タイ料理です。 バンコクでカオソーイを扱っている有名店といえば、『カオソーイチェンマイ』ではないかと思っています。 MRTやBTSといった駅から近いわけではないですが、...

路地裏で60年  ムーサテ(豚の串焼き)専門店『ムーサテサワン』

路地裏で60年 ムーサテ(豚の串焼き)専門店『ムーサテサワン』

バンコクの街中を歩いてると、屋台や食堂でよく見かける豚の串焼き。 これには2種類あり、1つは焼き鳥で使うような甘いタレをつけて焼いているムーピン(หมูปิ้ง)という串焼きです。 カオニャオ(もち米)との相性が良く、片手にムーピン、片手にカオニャオを持ち、あたかもファストフードのように街を歩きながら頬張ると、イマドキ...

週末は大混雑! ヤワラートのラートナー専門店『ラートナー ヘン ヨッドパック』

週末は大混雑! ヤワラートのラートナー専門店『ラートナー ヘン ヨッドパック』

ヤワラート通りの一本北を東西に走っているジャルンクルン通りには、地下鉄の駅が建設中でして、昨年あたりからようやく駅の姿が現れ始めました。 いよいよ開通が近いのか。 そんな淡い期待を抱きましたがここはタイランド。 駅の姿が現れたぐらいで開通のメドが立つほど甘くはなく、いまだ工事は絶賛継続中でございます。 建設中の駅を右手...

週末は長蛇の列!アーリー駅から徒歩数分のカオソーイ専門店 Ong Tong Khaosoi

週末は長蛇の列!アーリー駅から徒歩数分のカオソーイ専門店 Ong Tong Khaosoi

ここ数年でバンコク発のブログは爆発的に増加。 特に充実しているのはバンコク在住の駐妻さんなど女性が発信しているブログで、生活情報なんかは彼女たちのブログをチェックしておけば困らないどころか、便利なことだらけです。 特に新店情報をキャッチするのが早い! 私はタイ料理店を紹介する本ブログを運営しておりますが、新店の情報はあ...

ソムタム三昧!バンコクでおさえておきたい9店舗

ソムタム三昧!バンコクでおさえておきたい9店舗

数あるタイ料理の中で、日本人にとって耳慣れた料理名といえば、トムヤムクン、カオマンガイ、グリーンカレー、パッタイ、ソムタムなどでしょう。 これまでトムヤムクンやカオマンガイ、パッタイは特集をしたことがあり、バンコクでおすすめのお店を取り上げています。 バンコクでパッタイならこの10店舗|2017-2018年度決定版 バ...

Subscribe / Share

Return Top