エリア別(通り別)カテゴリー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
ヤワラートの客家系タイ食堂が渋い… いぶし銀が光る料理の数々『ラーンヨグアร้าน ยกฮั้ว』

ヤワラートの客家系タイ食堂が渋い… いぶし銀が光る料理の数々『ラーンヨグアร้าน ยกฮั้ว』

中華街ヤワラートには、大通りはもちろん路地を入ったところにも名店が潜んでおり、この数年でヤワラートにある何十もの店舗を食べ歩いた私でさえも、未開拓な食堂や屋台がどれだけあるのか把握すらできない、混沌としたエリアです。 ヤワラートに住んでいるのは中華街だけに華僑の末裔が多く、彼らがタイ料理に与えた影響は計り知れません。華...

旨いカオパット専門店をお探しならココへ『アーグカオパットอากู๋ ข้าวผัดปู』

旨いカオパット専門店をお探しならココへ『アーグカオパットอากู๋ ข้าวผัดปู』

以前から特集したいと思っていたネタの一つに「カオパット/ข้าวผัด(炒飯)」がありました。 ふと来店したタイ料理店で激ウマなカオパットに出会うこともあり、これらと新規開拓店を結集し、ひとつの記事に仕上げようと企んでいたわけです。 探せばカオパット専門店も幾つかあり、時間に余裕が出来た時はカオパットを求めバンコクのあ...

カニの身が入ったふわふわ卵焼き”カイフープー” 旧市街クルアアプソン(Krua Apson)

カニの身が入ったふわふわ卵焼き”カイフープー” 旧市街クルアアプソン(Krua Apson)

私が運営しているTRIPULLでは、私だけではなく他数名の方に記事を執筆していただいてます。執筆陣の中のひとり、若生りんか氏からLINEで送られてきた質問が本記事の発端となりました。 「西尾さん、カイジアオの美味しい店を知ってますか?タイ語で調べているんですが見つけられないんです」 カイジアオ(ไข่เจียว)とは卵...

いぶし銀が光る中華系タイ食堂 チャン通りで75年【チェン チュワン チム】

いぶし銀が光る中華系タイ食堂 チャン通りで75年【チェン チュワン チム】

ごく普通のメニュー。でも何を食べても安くて美味しい、古き良き食堂。 『激旨!タイ食堂』をご覧の皆様の街にも、そんなお店がありますでしょうか? 初めまして。この記事を担当している僕は田原拓郎と申します。『激旨!タイ食堂』を運営しているバンコクの旅行会社「TRIPULL」で、現在インターンシップをさせて頂いています。 僕は...

週末は大混雑! ヤワラートのラートナー専門店『ラートナー ヘン ヨッドパック』

週末は大混雑! ヤワラートのラートナー専門店『ラートナー ヘン ヨッドパック』

ヤワラート通りの一本北を東西に走っているジャルンクルン通りには、地下鉄の駅が建設中でして、昨年あたりからようやく駅の姿が現れ始めました。 いよいよ開通が近いのか。 そんな淡い期待を抱きましたがここはタイランド。 駅の姿が現れたぐらいで開通のメドが立つほど甘くはなく、いまだ工事は絶賛継続中でございます。 建設中の駅を右手...

バンコク旧市街にカオパットを極めたフカヒレ屋台がありました

バンコク旧市街にカオパットを極めたフカヒレ屋台がありました

シンプルな料理ほど難しいとはよく聞きますが、カオパット(炒飯)もその1つでしょう。 使用する調味料は数えるほど、白ご飯と具材を炒めただけという極めてシンプルな料理ですが、仕上がりは店によって雲泥の差が現れるほど異なり、料理人の腕とセンスが試される料理です。 私はカオパットが好きで屋台や食堂で頻繁にいただきますが、外れる...

超やわらかな豚肉にあんかけが絡む鉄板炒め 旧市街地のタイ中華食堂Yi Lao Tang Jua Lee

超やわらかな豚肉にあんかけが絡む鉄板炒め 旧市街地のタイ中華食堂Yi Lao Tang Jua Lee

バンコク旧市街地にサオチンチャーという、鳥居のような形状をしたものが建っています。 バンコクに住み始めたばかりの頃は「タイにも鳥居があるのか」としばらくの間は思っていたんですが、実はこれ鳥居ではなくブランコ。 数十年前までこのブランコに吊り下がり、前後に振られて儀式を行っていたそうです。 ところが、21メートルものブラ...

移転したジャルンクルン通りの『ニューヘンキー』 78歳の店主が今でも鍋をふる老舗タイ中華食堂

移転したジャルンクルン通りの『ニューヘンキー』 78歳の店主が今でも鍋をふる老舗タイ中華食堂

2016年9月17日付けの記事で、ジャルンクルン通りにある『ニューヘンキー』という、老舗タイ中華食堂を紹介しました。 創業して60年以上。外観から店の中にいたるまで60年という年月が染み込み、いい味を出しているうえ、多数揃えているタイ中華も味わい深く、好きな食堂の1店でした。 『ニューヘンキー』が移転したのはすぐ近く ...

Subscribe / Share

Return Top