[エリア]エカマイ通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。バンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

贅沢すぎるカニの身を乗せたカオパット エカマイ通り気鋭の食堂『HERE HAI(ヒアハイ)』

贅沢すぎるカニの身を乗せたカオパット エカマイ通り気鋭の食堂『HERE HAI(ヒアハイ)』

バンコクのいたるところにコンドミニアムが建設されているように、エカマイ界隈も例外ではなく、駅前の一等地にあったタイ料理店が閉店し、コンドミニアムらしきものが建築されつつあります。 駅前にあったタイ料理店とは『Banrie Bai Ka Prao Bork』。弊サイトでは2015年9月に取り上げていましたが、最近通りかか...

エカマイ屋台のとろとろ&ふわふわ蟹の卵炒め(カイコンプー)がヤバい!

エカマイ屋台のとろとろ&ふわふわ蟹の卵炒め(カイコンプー)がヤバい!

エカマイ通りを2kmほど北上し、左に伸びるエカマイソイ21を入っていくと小汚い運河に出会えます。 汚臭すら漂ってきそうなこの運河のすぐ側で営業する『ノンリムクローン』は、バンコク在住者だけではなく日本在住のタイ料理通の間で話題になっている屋台です。 シチュエーションはとても良いとは言えない立地場所ですが、タイ人はもちろ...

エカマイ通りで55年!優しいバミーにとろけそう……

エカマイ通りで55年!優しいバミーにとろけそう……

私はクイッティアオ(タイラーメン)よりもバミー(中華麺)のほうを好んでいる、というのは何度かブログで書いておりますが、その嗜好は記事に如実に表れ、昨今クイッティアオの店を取り上げることが少なくなってしまいました。 先日アップしたラマ4通りのホイール屋さんのクイッティアオの記事は、いつ以来だったかな。 エカマイ『アルンワ...

巨大駐車場を有するエカマイの老舗クイッティアオ店

巨大駐車場を有するエカマイの老舗クイッティアオ店

タイ国内の飲食店や旅行情報を発信しているEDT というフリーペーパーがあり、飲食店などで手に入れることができます。 さらにEDTはWebサイトhttp://www.edtguide.com/も運営。 定評あるローカルタイ料理店も数多く取り上げていて、このサイトを参考にして旨い店を探すこともしばしばです。 EDT gui...

【閉店】茄子のピリ辛ヤムが絶品!「ラープ ペッ ポー4」@エカマイ通り

【閉店】茄子のピリ辛ヤムが絶品!「ラープ ペッ ポー4」@エカマイ通り

バンコク牛モツ鍋の名店『ヘンチュンセン』の支店!? 上記の記事で登場した女性2名。 タイのウィスキー「センソム」を底なしのように呷り、男勝りの酒の強さを誇るツワモノです。 彼女たちがセンソムを呷りながら、教えてくれたイサーン料理屋がありました。 「茄子のヤムがめっちゃ美味しい店がエカマイにあるの!」 興奮気味に話してい...

エカマイでチムチュムの激戦が繰り広げられる!

エカマイでチムチュムの激戦が繰り広げられる!

ここ最近、エカマイのネタが多いですが、またエカマイです。 先日紹介したチムチュムが旨く評判の『ノンカイチムチュム』からエカマイ通りを挟んだソイ30。 ここにも周辺住民に愛されるチムチュム屋が営業していることを突き止めました。 屋外のみに席を有している『ラーン ソムオー101』です。 暗くなる前に訪れようと17時30分に...

【エカマイ】温泉卵入りバミーで至福のひとときを

【エカマイ】温泉卵入りバミーで至福のひとときを

※2019年11月8日、加筆修正および写真を更新しました。 いままでほとんど寄り付かなかったエカマイですが、最近頻繁に来るように。 先日はパッタイ専門店『パッタイエカマイ』、そして一昨日はチムチュムが旨いイサーン料理屋『ノンカイチムチュム』。 そして今回、エカマイまで三度やってきたのは旨いバミーがあると耳にしたからです...

エカマイで食べる「青のチムチュム」

エカマイで食べる「青のチムチュム」

メコン川から昇る朝陽と、メコン川に沈む夕陽が見たいという衝動に駆られ、タイ東北部ノンカイ県へ向かったのは2014年の夏。 ノンカイ県はメコン川と同じようにゆったりとした時間が流れる小さな町です。 ノンカイで忘れられないのが路傍で食べたチムチュム。 鍋の形が独特で、このような形状のチムチュム鍋は後にも先にもこの店だけです...

Subscribe / Share

Return Top