BTS

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
品切れ必至の絶品ガオラオ 6種の牛もつを贅沢に使った優しくて深いスープ

品切れ必至の絶品ガオラオ 6種の牛もつを贅沢に使った優しくて深いスープ

美味い店々が点在し、私が一目置いている通りがございます。いつの日か取り上げますが、チャオプラヤー川を越えたところにあるラートヤー(ลาดหญ้า)という通りです。 ラートヤー通りがあるトンブリー地区は、現王朝のチャクリー王朝(別名:ラタナコーシン王朝)が出来る以前、トンブリー王朝として栄えていた由緒ある地域です。 トン...

9種類のタレを持つ串焼き屋台  @シーロム

9種類のタレを持つ串焼き屋台 @シーロム

「うちの店は父親が始めました。もう30年ほどやっています」 そう話してくれたのは、シーロムの一角で営業する串焼き屋台に立つ男性。何種類も並ぶ串を焼いているため立ち上る煙は半端なく、質問する私の顔面に容赦なく襲いかかり、望まなくとも”串焼き臭”をまとっていきます。 BTSサラデーン駅を降り、シーロム通りを西へと歩を進める...

オンヌットの隠れた名店 ハズレなしのタイ料理が揃う「ジェーホンカオトムホゥアプラー」

オンヌットの隠れた名店 ハズレなしのタイ料理が揃う「ジェーホンカオトムホゥアプラー」

およそ2年半ぶりのオンヌットネタです 「激旨!タイ食堂」で、オンヌットのローカル食堂が初めて取り上げられたのが、2015年の12月。 「今後はオンヌット方面のお店を取り上げたい」という隊長の所信表明はどこへやら、それからひっそりと放置されたまま約2年半が経過したが、コンテンツが増える気配は一向にない。 そもそもオンヌッ...

週末は長蛇の列!アーリー駅から徒歩数分のカオソーイ専門店 Ong Tong Khaosoi

週末は長蛇の列!アーリー駅から徒歩数分のカオソーイ専門店 Ong Tong Khaosoi

ここ数年でバンコク発のブログは爆発的に増加。 特に充実しているのはバンコク在住の駐妻さんなど女性が発信しているブログで、生活情報なんかは彼女たちのブログをチェックしておけば困らないどころか、便利なことだらけです。 特に新店情報をキャッチするのが早い! 私はタイ料理店を紹介する本ブログを運営しておりますが、新店の情報はあ...

高級車で乗り付けて来る人も サトーンにある名も無きムーピン屋台

高級車で乗り付けて来る人も サトーンにある名も無きムーピン屋台

2018年1月30日付けの記事で紹介した、バミー食堂『ミートゥー』の取材を終えたあとの話です。 バイクにまたがり、次なる目的地に向かうべく走り始めたら、同じSi Wiang通りの道路脇に、賑わっている屋台を発見。 すかさずバイクを止め、屋台へと吸い込まれるように歩いていきました。 屋台前には大勢の人が注文した料理を待ち...

カオマンガイやバミーが旨い  いぶし銀の魅力を放つ老舗食堂 |スクンビット・ソイ49 Tang Meng

カオマンガイやバミーが旨い いぶし銀の魅力を放つ老舗食堂 |スクンビット・ソイ49 Tang Meng

プロンポン駅からトンロー駅にかけてのスクンビット通りは、コンドミニアムがどんどん建設されるわ、新しい飲食店などは増えるわで、数ヶ月経つと景色が変わっていると言っても過言ではありません。スクンビット・ソイ38にあった屋台街を始め、中心部に点在していた屋台の多くは撤去。食文化も変わりつつあります。 過渡期を迎えたバンコク。...

超満席で注文すらできないイサーン屋台「ラープペット ヤソートーン」

超満席で注文すらできないイサーン屋台「ラープペット ヤソートーン」

私の事務所兼自宅はサトーン ソイ11の奥にございまして、BTSチョンノンシー駅とスラサック駅の中間地点になり、徒歩だと20分以上はかかる実に不便な場所に棲息しています。 その自宅近くに週に2、3度通うイサーン屋台があるのですが、あまりにも奥まったところだったためか、昨今、屋台が次々と撤去を余儀されている中、撤去命令が下...

チットロムで出会った旨すぎるガパオライス| The Best street food of Bangkok

チットロムで出会った旨すぎるガパオライス| The Best street food of Bangkok

伊勢丹だとかセントラルワールドへ頻繁に行くことがないわりに、チットロム駅そばに建つ『Amarin Plaza(アマリンプラザ)』は月に1、2回程度は来館しています。 駅近でありながらメジャー感の薄い『Amarin Plaza』。 私がここをときどき訪れている理由は、1階フロアーで催されているフェアーが目的です。 カバン...

Subscribe / Share

Return Top