BTSオンヌット

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

オンヌットの隠れた名店 ハズレなしのタイ料理が揃う「ジェーホンカオトムホゥアプラー」

オンヌットの隠れた名店 ハズレなしのタイ料理が揃う「ジェーホンカオトムホゥアプラー」

およそ2年半ぶりのオンヌットネタです

「激旨!タイ食堂」で、オンヌットのローカル食堂が初めて取り上げられたのが、2015年の12月。
「今後はオンヌット方面のお店を取り上げたい」という隊長の所信表明はどこへやら、それからひっそりと放置されたまま約2年半が経過したが、コンテンツが増える気配は一向にない。

そもそもオンヌットは、長い間、「日本人にはなじみのないエリア」という立ち位置だった。
バンコク在住の日本人の方ならよくお分かりだろう。
日本語のフリーペーパーの類に載っている地図の「スクンビットエリア」は、その多くがエカマイまで。プラカノンまで載っているものもあるが、オンヌットまでは延びていない。

同じスクンビット通りに面していながら、「オンヌットはスクンビットエリアじゃないでしょ!」とハブられるさまは、首都圏なのになぜかいつも一段下に見られる埼玉県によく似ている。プラカノンとオンヌットを分断する運河は、さしずめ、緑の河川敷が広がる荒川といったところだろうか――。

埼玉出身のワタシに、郷愁に近い愛着を抱かせるオンヌットだが、この数年の発展は目覚ましい。
駅近にいくつものタワマンが建設されたことによって、外国人人口、特に日本人が圧倒的に増えた。その需要に応えるように飲食店が増え、駅前にはシネコンまでできてしまった。

だが、それよりもはるか昔、15年ほど前からオンヌットを知るワタシにとって、「情報が掲載されていない=旨い店がない」と思われるのはちと悔しい。オンヌットには、日本語メディアで取り上げられていない名店がまだまだある。

ということで、今回は、ご近所さんに愛されてやまないある食堂を紹介したい。

オンヌットの路地にある中華系タイ料理

場所はオンヌット・ソイ44。オンヌットにはウドムスックまで抜けられる路地がいくつかあるのだが、このソイ44はそのひとつ。『ジェーホン カオトムホゥアプラー』は800メートルほど入った左側にある。右側はイサーン料理の『ティーラープスーン(ที่ลาบสูง)』だ。

訪れる日本人はほとんどいない『ジェーホン カオトムプラー』

ぱっと見はエアコンもない、何の変哲もない食堂といった風情。日曜日の夜は、ご近所さんが三世代の家族連れで訪れて満席になっているような、そんな食堂だ。料理は中華系タイ料理で、魚を中心とした海鮮メニューがウリなのだが、素材の良さが感じられ、かつ、「どれを食べてもハズレがない」のがうれしいところ。

まずは、名物の『トムヤム ホゥアプラー ガオ(ハタの頭のトムヤム)』から。注文のときに、「頭だけじゃなくて、身も入れる?」と聞かれたので、今回は身入りで。スープはナムサイ(クリアスープ)を選んでみた。魚の身の弾力がしっかり感じられて、かつ酸っぱ辛い正統派の一品。

トムヤム ホゥア プラー ガオ/ ต้มยำหัวปลาเก๋า

次は『タオフー ボラーン』。これも名物料理なのだとか。「ボラーン」は、「昔の、古代の」という意味なのだが、料理名として通用するように訳すなら、「いにしえ豆腐」という感じだろうか。豆腐と豚肉を醤油ベースで煮込んだご飯のおかずっぽい味で、日本人にはすんなり受け入れられるのではないかと思う。

タオフー ボラーン/เต้าหู้โบราณ

3品目は、今日のお薦めが書いてあるホワイトボードから選んでみた。『ドーク カジョン パッカイ グン ソット(ヤライコウの花と海老の卵炒め)』。花といってもつぼみの状態のヤライコウが少しほろ苦く、それにぷりっぷりの海老と卵がよく合っている。

ドーク カジョン パッ カイ グン ソット/ดอกขจรผัดไข่กุ้งสด

日を改めて行ったときは、「今日は良いマナガツオがあるのよ」と言われ、塩漬けの梅を乗せて清蒸にしたもの『プラー ジャラメット ヌン ブアイ』と、蟹肉のカレー粉炒め『ヌアプー パッ ポン カリー』をいただいたのだが、さすが、「ハズレがない」だけあって、どちらもとってもおいしかった!

プラー ジャラメット ヌン ブアイ/ ปลาจาระเม็ดนึ่งบ๊วย

ヌアプー パッポン カリー/เนื้อปูผัดผงกะหรี่

笑顔が素敵な店主のホンさん

このお店、創業は1996年。店主のホンさんと、そのお母さん、妹で始めたのが最初なんだとか。このホンさん、エビス様みたいにいつもほっこりさせられる笑顔で、とにかく愛想がいい。決して立地が良い場所とは言えないのに、20年以上も営業を続けていられるのは、料理の味もさることながら、彼女の笑顔によるところも大きいのではと思うのだが……。

帰り際、底抜けの笑顔を見せてくれた店主のホンさん

【SHOP DATA】
「ジェーホン カオトムホゥアプラー(เจ้หงษ์ ข้าวต้มหัวปลา)」
TEL:062-663-9829, 084-105-1752
OPEN:15:00-23:00(年中無休)
ADDRESS:599 Sukhumvit 77 Road (Soi Onnut 44), Bangkok 10250
Facebook:https://www.facebook.com/jhong44/

埼玉県出身。バンコク在住通算18年。得意のタイ語を活かして、バンコクを縦横無尽に食べ歩く。最近はミャンマー語を勉強中。
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんにちわ^^
    このお店前から気になっていましたが、オンヌットが遠くなかなか行けずにいました。
    こちらの記事を見て、行きたい気持ちが再加熱しています(笑
    また西尾さんとは違った切り口の食レポを楽しみにしていますので、頑張ってください。

    それと一つ気になったんですがお店の名前ですが看板にはเจ๊หงษ์ หัวปลาと書いてますが、記事にはเจ้หงษ์ ข้าวต้มหัวปลาとなっています。ジェーの声調符号もマイトーとマイトリーと違うのでこれは意味が何かあるのでしょうか?細かくてすみません

    • By 増成 ヒトミ

      yusukeさん、コメントどうもありがとうございます♪
      楽しい記事をお届けできるようにがんばります!

      店名ですが、看板はご覧の通りなのですが、タイの食べログ「Wongnai」や、フード宅配のサイトでは、เจ้หงษ์ ข้าวต้มหัวปลา の表記になっていたため、そちらに準じました。FBのほうは、シンプルに ร้านเจ๊หงษ์ อ่อนนุช44 (ラーンジェーホン オンヌット44)になっていますね。

      また、ジェー(意味:姐さん。華人の年上の女性を指す人称で、タイ人のピーに相当)は、正しい表記は เจ๊ でマイトリーですが、口語レベルでは เจ้ のマイトーが使われており、タイ人の間でも混乱を招いているようです(タイ語でググるとそういう質問が出てきます)。これもあえて正しい表記にせず、前述のサイト上の表記に合わせたままとしました。

      このお店、本当においしいので、是非いらしてください (^_’)b
      FBの口コミには、『ジャップチャーイ』(จับฉ่าย:大根、青菜、豚肉の醤油風味の煮物)が過去最高レベルでおいしいとの声もありました。
      yusukeさんはタイ語がおできになるようなので、今日のお薦めが書いてあるホワイトボードから選んでみてください!

      • ご丁寧な回答ありがとうございます!
        口語があるということを失念していました^^;
        ジャップチャーイもそうですが、どの料理も酒のアテにあいそうなものばかりで、次回訪タイの際食べに行って見たいと思います。

  2. おいしそうな記事、ありがとうございます。
    西尾さんの記事のように、それぞれの値段を入れて頂けたら、嬉しいです (^ ^)

    • By 増成 ヒトミ

      souipさん、コメントどうもありがとうございます♪
      値段の件、大変失礼いたしました! m(_ _)m
      下記の通りですので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

      トムヤム ホゥア プラー ガオ/ต้มยำหัวปลาเก๋า 150バーツ
      タオフー ボラーン/เต้าหู้โบราณ 90バーツ
      ドーク カジョン パッ カイ グン ソット/ดอกขจรผัดไข่กุ้งสด 150バーツ
      プラー ジャラメット ヌン ブアイ/ปลาจาระเม็ดนึ่งบ๊วย 450バーツ(魚のサイズにより値段の上下あり)
      ヌアプー パッポン カリー/เนื้อปูผัดผงกะหรี่ 350バーツ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top