[バンコク以外]チェンマイ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

深夜なのに満席! 鶏唐揚げ食堂『ガイトート ティアンクン』@チェンマイ

深夜なのに満席! 鶏唐揚げ食堂『ガイトート ティアンクン』@チェンマイ

30年ほど前まで、チェンライの山岳など北タイ地方ではケシの栽培が盛んに行われていました。
ケシとはアヘンの原料となるもので、貧しい地域ではこれら売って現金を得ていた歴史があります。
そんな北タイが節目を迎えることになったのは1989年。北タイの状況を改善するべく、プミポン前国王(2016年に崩御したラマ9世国王)の母が『メーファールアン財団』を設立し、ケシに変わってコーヒー栽培を始めました。
いまではドイチャンコーヒーというブランドがタイ各地で展開するなど、北タイコーヒーの認知度は高まりつつあります。

私は、北タイのコーヒー栽培はてっきりチェンライ周辺だけだと思っていたんですが、聞くとチェンマイの郊外でも行われているという。
その情報を教えてくれたのは、チェンマイに住む吉田さんでした。吉田さんは以前、少数民族のカレン族が住むオムコイ村で生活し、手作りのゲストハウス「オムコイ バンブーハウス」を営んでいた、稀有な経歴を持つ方です。
なぜ吉田さんが、カレン族の村に住むことになったのか…。
激動の人生は、吉田さんご自身が上梓した書籍『「遺された者こそ喰らえ」とトォン師は言った: タイ山岳民族カレンの村で』で描かれています。
私がオムコイ村へ赴くことになったのは、この書籍がきっかけでした。怒涛とも言える吉田さんの半生が圧巻の文章力で描かれておりおすすめです。

吉田さんからチェンマイのコーヒー園事情について教えていただいた私は、ぜひとも見学したく、エアアジアでチェンマイ国際空港へ降り立ったのはそれから数日後。
数年ぶりに吉田さんとお会いし、タイ最高峰ドイインタノンの麓にあるコーヒー園やコーヒーショップへと案内していただきました。
チェンマイのコーヒー園をご覧になりたければ、TRIPULLで受付けしてますので、ご興味のある方はどうぞ!

チェンマイのコーヒー園が見たい! プライベートツアーでご案内します<>

21時からお店を開くガイトート(鶏唐揚げ)食堂

コーヒー園を見学したその日の夜、私は『ガイトート ティアンクン』というローカル食堂の前に立ち、空席が見当たらない店内を呆然と眺めていました。
店名を日本語訳すると「深夜12時の鶏唐揚げ」。
シンプルかつインパクトがあり、人を惹きつけるネーミングだこと!
来店したのは22時ごろでしたが、店内の席はタイ人客で埋め尽くされ、夜中の唐揚げを楽しんでいます。
うちのスタッフ(カヌン)の話だと、クラブ帰りの若者たちがここへ寄り、ガイトートを食べて小腹を満たしているのだとか。
席が空くまでの時間、通りに面している調理場を撮影させてもらいました。

Facebookページもあります。

屋外に調理場が設けられ、客席も数席あり。

揚げたサイウア(北タイソーセージ)。

写真を見ているとまた食べたくなる…。

自家製ナムプリックは購入することもできます

ちなみにビールはないので、飲みたい方はコンビニで買ってご来店を。

店主のエーさんです。

「この店を始めてから30年以上は経ってるよ」

鶏肉や豚肉を揚げながら私の質問に答えてくれたのは、女性店主のエーさん。毎晩9時にお店を開け、店主自身が料理に携わっています。
日本人に話しかけられたことがよほど珍しいのか、エーさんからは「タイに住んで何年?」「チェンマイは好きか?」などといった質問が矢継ぎ早。
一眼レフを構えた日本人が突如現れたので、珍しがられるのも無理ないのですが。
お話ししていると席が空いたので、ささっと陣取り、ガイトートのほかサイウア、ナンプリックヌンをオーダーしました。

衣は薄く、さくっと揚げられたガイトート。味付けはさほど濃くなく、バンコクの名店『ポロフライドチキン』のように揚げニンニクなどは使われていません。これなら飲んだあとでも食べられる。
自家製だというサイウアやナンプリックヌンも秀逸で、夕食を食べたあとに来店したにもかかわらず、全品さらりと平らげることができました。

チェンマイに来たらサイウアは必ず食しています。

ガイトートはこれが1人前です。

ナムプリックヌンと野菜のセット。

『ガイトート ティアンクン』の全メニュー

全メニューをカタカナ表記で掲載します。次回の来店ではナムプリックデーン、ムーサームジャン、プラトゥをオーダーしようと心に決めました。

ムーサームジャン(豚バラ)/หมูสามชั้น 55バーツ(小)110バーツ(大)

ガイトート(鳥唐揚げ)/ไก่ทอด 50-55バーツ(小)110バーツ(大)

シートート(腸の揚げ物)/ไส้ทอด 25バーツ(小)50バーツ(大)

シークロン ムー(ポークリブ)/ซี่โครงหมู 55バーツ(小)110(大)

ヌー デート ディアオ(干した牛肉)/เนื้อแดดเดียว 35バーツ(小)70バーツ(大)

プラトゥ(魚)/ปลาทู 30 – 35 – 40 – 45 – 50(バーツ)

サイウア(北タイソーセージ)/ไส้อั่ว 30バーツ(小)60バーツ(大)

タップトート(レバーの揚げもの)/ตับทอด 30バーツ(小)60バーツ(大)

カイトム(ゆで卵)/ไข่ต้ม 8バーツ/個

ナムプリックヌン+パック(野菜)/น้ำพริกหนุ่ม+ผัก 20バーツ(小)30バーツ(大)

ナムプリックデーン+パック(野菜)/น้ำพริกแดง+ผัก 15バーツ(小)20バーツ(大)

カオニャオ/ข้าวเหนียว 10バーツ(小)20(大)

バンコク中心部に朝方まで開いているガイトート専門店があれば、絶対行くだろうなぁ。

【SHOP DATA】
「ガイトート ティアンクン(ไก่ทอดเที่ยงคืน)」
TEL:089-433-0813,089-433-0112
OPEN:21:00-05:00(日曜日休み)
Facebook:https://www.facebook.com/midnightstickyrice1/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top