BTSサパーンタクシン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。バンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ホイトート&オースワンを駅近で
サパーンタクシン駅から徒歩3分
ティップホイトート プーカオファイ

ホイトート&オースワンを駅近でサパーンタクシン駅から徒歩3分ティップホイトート プーカオファイ

2020年1月29日追記:一部加筆修正し、写真と動画を追加しました。

私は牡蠣が大好きでございまして、タイ在住日本人でもちょっとビビる生牡蠣を平気で食します。
というのも、生まれてこのかた牡蠣であたったことがないんです。
大きい牡蠣も小さな牡蠣も、生でどんどんいきますよ。どんな店でも。
いままでで何度かヤバい牡蠣は食べているんでしょうけど、きっと牡蠣と体の相性がいいんでしょう。
という勝手な解釈をしています。
牡蠣が好きなのでおのずとオースワン(ออส่วน)も好きなタイ料理の1つです。
オースワンとは「牡蠣の卵とじ炒め」と表現される日本人にも人気のタイ料理。
牡蠣が入っているのに、牡蠣のタイ語「ホイ ナンロン(หอยนางรม)」という単語は入っておりません。

創業43年の「ティップホイトートプカオファイ」

オースワンはどこにでもあるタイ料理でもなく、さらに駅から近くにある店となるとかなり限られます。
至便でかつ人気のオースワン&ホイトートの専門店。
BTSサパーンタクシン駅から徒歩3分のところにあります。

2020年1月29日撮影

IMG_2149IMG_2151IMG_2136この店はオースワンより、店名になっているホイトート(タイ風お好み焼き)が人気。
その中でも店がお勧めとして推しているのが、ホイタップホイ。牡蠣とホイメンプー(ムール貝)の2種類を使ったホイトートです。

ホイタップホイ(2020年1月29日撮影)

IMG_2141

オースワン

そんな私を見て女性店主は
「日本人はみんなよく食べるわよね〜」
と微笑んでいました。IMG_2155最近は日本人もときおり来店するそうで、その理由とは日本語フリーペーパー「DACO」で紹介されたことが大きいようです。
店内に掲げられているのはタイ語メニューだけですが、言えば英語メニューも出てきます。

2020年1月29日撮影

インスタグラムでは動画で紹介しています

私個人のインスタでは、『ティップホイトート プーカオファイ』を動画で紹介しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西尾康晴@バンコク/激旨!タイ食堂(@nishioyasuharu)がシェアした投稿

【SHOP DATA】
「ティップホイトート プーカオファイ(ทิพ หอยทอดภูเขาไฟ)」
TEL:02-233-1116
OPEN:10:00-20:00(日曜日休み)
ADDRESS:3 Soi Charoen Krung 50 Road, Bang Rak, Bangkok 10500.
PRICE:オースワン70B ホイトート(大)70B

2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業。旅行メディアTRIPULLも運営しつつ動画でのコンテンツ配信も始動。動画制作&海外移住に関心がある若い人材を応援したいので興味があれば連絡ください。
Twitter:nishioyasuharu

バンコク出発のプライベートツアー受付中!

私が運営している旅行会社TRIPULLでは、バンコク発のプライベートツアーを受付けています。
以下のページではツアー例を紹介していますので参考にしてください。
ここに掲載されていないツアーもアレンジ可能です。 お気軽にお問い合わせください!

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつもしっかり利用させていただいてます。
    私、カキ大好き人間なんですが、よく当たるんです…。
    懲りずにまたたべるんですけど。
    タイの方(日本人も)って当たったりするんですか?
    すごいこちらに行きたいんですが、当たる事を考えると…なんです。
    どんな感じなんですかねー?

    • By 西尾 康晴

      私も牡蠣は大好きです。
      ただ、なまさんと違うのは「牡蠣で当たったことがない」という点です。
      なので私は食べまくっていますが、タイで牡蠣を食べて当たるかたもおられます。
      こちらで牡蠣を食べるなら、ご自身の判断で、覚悟を決めて食べてくださいね!

      • やっぱりそうなんですねー。
        若い頃は海外で生牡蠣も平気だったんですけどね…。
        own riskで一度行ってきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top