[料理名]タイスキ(スキー鍋)

バンコクでタイスキといえば
「ルアンペット(RUEN PETCH)」!?

※2019年3月25日に追記しました。

日本人がタイスキと聞けば『MK』か『コカレストラン』を思い浮かべる方が多いでしょう。

さて、今回取り上げるのは知らない方も多いかもしれない『ルアンペット』。
1968年に創業した老舗で、ペッブリー通りで営業しています。
IMG_8264IMG_8250

19時を過ぎると続々と来店者が増え、20時あたりになると1階席はほぼ満席に。
そうなるとVIPと呼ばれる2階席がオープンするようです。
タイスキは他店同様、具材をそれぞれ選ぶシステム。
私は海鮮系の具材をチョイスしたのですが、シーフードの上に茶色い物体がトッピン具!
なんだろうか、これは…。
IMG_8245IMG_8246この茶色いものはタオチオという、大豆を原料とした調味料です。カオマンガイなどタイ中華の料理には幅広く使われている調味料です。
『ルアンペット』の"味"は、このタオチオ。これがスープに溶け出し、旨味をぐっと引き上げるんです。
今回はシーフードをチョイスしましたが、オーナーに聞くと『ルアンペット』の自慢は肉にあるのだとか。
後日、YouTube撮影で来店した際に豚肉と牛肉をいただいたところ、柔らかさが素晴らしい。
毎日、市場から仕入れているため新鮮さには自信があるそうです。

2019年現在、オーナーは三代目となるオットさん。若干28歳という年齢ながら、老舗をしっかり守っています。

『ルアンペット』ではスキー鍋だけではなく、さまざまなタイ料理が楽しめます。
スタッフにお薦めを聞いてみました。

プーパッポンカレー
ペット ヤーン(焼いたアヒル肉)
オースワン(牡蠣の玉子とじ炒め)
トート マングン(エビのすり身揚げ)
プリック ガイ(鶏肉の唐辛子炒め)
バミー ペット(アヒル肉の中華麺)

今回来店しスタッフに話しを聞くまで知らなかったんですが、『ルアンペット』には、シーナカリン通りに支店があるそうです。

【SHOP DATA】
「ルアンペット シーナカリン支店」
TEL:02-730-9505
ADDRESS:222/174, Srinakarin Road, Tambon Bang Mueang, Amphoe Mueang Samut Prakan, Samut Prakan, 10270

『ルアンペット』は年中無休。ソンクラーンや中国正月、菜食週間なども休むことがなく、創業してから1度たりとも店を閉めたことがないそうです。
タイスキが食べたくなったら、いつでも『ルアンペット』へ!

【SHOP DATA】
「ルアンペット(เรือนเพชรสุกี้)」
TEL:02-314-5047,02-314-4274
OPEN:11:00-22:00(無休)
PRICE:海鮮スキー150B、プーパッポンカリー550B、オースワン170B

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]タイスキ(スキー鍋)
-

© 2020 激旨!タイ食堂