[エリア]シーロム通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。バンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

シーロム通りのインド寺院近く マッサマンカレーで有名になった「クルアアロイアロイ」

シーロム通りのインド寺院近く マッサマンカレーで有名になった「クルアアロイアロイ」

※2019年11月8日に大幅加筆修正をし、写真を一新しました。

シーロム通り沿いに通称「インド寺」と呼ばれる寺があります。
正式名称は「SRI MAHAMARIAMMAN TEMPLE」。
色彩豊かな寺院で、完成するまでに10年もかかったといわれています。
シーロム通りの喧騒とは打って変わり、厳粛な空気感が流れる寺院内。
熱心に祈りを捧げている人々を見ることができます。
寺院内部は写真撮影禁止のほか、喫煙も禁止されています。

ワットケーク(วัดแขก)

マッサマンカレーで有名になった『クルアアロイアロイ』

このインド寺院のすぐそばに、マッサマンカレーが旨いと評判のタイ料理店があると聞き行って来ました。
日本人でもすでに知る人が多い『クルアアロイアロイ』です。

マッサマンカレーがこれほど日本人に知れ渡ったのは、アメリカの情報サイト『CNN Go』が「世界で最もおいしい50種類の食べ物」というランキングを発表し、その第一位にマッサマンカレーが選ばれてから。それから数年たった今でも日本人のマッサマンカレー熱はおさまることなく、『クルアアロイアロイ』に来店する日本人のほとんどが、マッサマンカレーを目当てにしています。
いくつものブログやYouTuberが『クルアアロイアロイ』を取り上げられたいま、『クルアアロイアロイ』にはほぼ毎日日本人が来店しているのだとか。
この店を初めて取材した2015年から4年も経っていますので、今回はマッサマンカレーだけではなく、『クルアアロイアロイ』が推す珍しいメニューもオーダーしてみました。
まずは定番のマッサマンカレー。
私はつい最近まで、マッサマンカレーはタイ南部料理だと思い込んでいたのですが、MAE CHOICE運営者サンティ氏でのインタビューでタイ中部料理だということが判明しました。

鶏肉の他に豚肉のマッサマンカレーもあります。

『クルアアロイアロイ』が推す珍しいメニューたち

マッサマンカレーは私が紹介せずとも知られているので、本記事では他が取り上げない『クルアアロイアロイ』が推すメニューをオーダーしました。

サポーガイオップ/สะโพกไก่อบ

サポーガイオップ/สะโพกไก่อบ

サポーとはもも肉のことで、ガイオップは蒸した鶏肉を意味しています。日本語で表記するなら「鶏もも肉の煮込み」といった料理になります。
甘めのタレで煮付けられており、辛味はなく、日本人の舌に合う一品です。

クイッティアオ ケーク/ก๋วยเตี๋ยวแขก

インド寺はタイ人にはワットケーク(วัดแขก)と呼ばれており、ワットはお寺、ケークは一般にインド人、マレー人を指すタイ語です。このクイッティアオ ケークの「ケーク」も同意語。つまり「インド風クイッティアオ」と言い表すことができる料理です。
麺はクイッティアオで使われる中麺(センレック)を使用。もやしや豆腐、ゆで卵などをトッピングし、カレー風味のスープをぶっかけていただきます。
このカレースープはどうやらカオソーイが元になっているようで、少々薄めに仕上げられています。
私はマッサマンカレーのように濃い味をあまり好まないので、この薄めのカレースープは好きな味ですが、人によっては物足りないかもしれません。

カノムジーン サオナーム/ขนมจีนซาวน้ำ

米麺のカノムジーンを使った麺料理。トッピングされているのはゆで卵のほか、パイナップル、乾燥エビ(クンヘン)、砂糖、ライムといった異色のラインナップ。
これにココナッツミルクのソースをかけ、混ぜて食べるという料理です。
聞いたこともなく見たこともないですが、店主に聞くとタイ中部料理の一つだと言います。
タイ在住者の中では、かなりタイ料理を食べ歩いていると自負していますが、まだまだ未知なる料理はあるもんだと思い知らされました。

共同経営でスタートした『クルアアロイアロイ』

いつもお店にいる店主のジャルンさん。

自分の会社のオフィスが近いこともあり、『クルアアロイアロイ』には昼食で頻繁に行くのですが、店主のジャルンさんがいない日は見たことがありません。
ジャルンさんのお歳は取材日現在で67歳なのだとか。

「このお店はペーンという女性との共同経営で始めたんです。彼女に出資してもらい、私が調理などお店を見ているんです」

料理の味付けなどが変わらないよう、彼女が常にチェックし提供していると言います。
彼女いわく、たくさんの日本人が来店するけど、ほとんどの方が注文するのはマッサマンカレーだけ。

「他にも美味しい料理がたくさんあるので、マッサマンカレーだけじゃなくいろんな料理を食べてもらいたいです」

【SHOP DATA】
「クルアアロイアロイ(ครัวอร๊อยอร่อย)」
TEL:02-635-2365
OPEN:8:00-20:00(第二・第四日曜日休み)

2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業。旅行メディアTRIPULLも運営しつつ動画でのコンテンツ配信も始動。動画制作&海外移住に関心がある若い人材を応援したいので興味があれば連絡ください。
Twitter:nishioyasuharu

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 100パーツとたかいわりに味は甘すぎでした。氷だけで10バーツ取られてびっくりです!

    • By 激旨!タイ食堂

      氷でそんなに取られましたか!
      次回はぜひトンローの「PHUKET TOWN」へ行ってみてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top